Yasの“裏”日記・ジュネッス

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマトよ永遠に

<<   作成日時 : 2006/03/23 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

先日、作曲家の宮川泰さんが逝去されました。
参照記事はこちら

日本の音楽界に遺された功績は非常に大きかったようですが、私らの世代にとっては宮川さんと言えば直結するのはやはり「宇宙戦艦ヤマト」なんですよねぇ。
「ヤマト」の音楽が日本のアニメ界の音楽を塗り替えてしまったのは紛れもない事実だと思うし、その影響はアニメに留まらず、実写特撮物は言うに及ばず、一般のドラマや映画等々にも広く波及していったと思います。

作品世界だけに留まらずマーチャンダイジングの面においても、アニメ作品の劇中音楽がアルバムとして発売されるなんてのは「ヤマト」が初めてだったし、それが今日の“メディア物”の音楽産業の根幹になってるのも事実でしょう。

「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」は、厳密に言えば劇中のオルジナルBGMではなく、壮大なフルオーケストラにアレンジして文字通り組曲に仕立て上げた新録アルバムですが、これこそがその歴史的な1枚になった“LPレコード”でした。
この作品の完成度が非常に高かった為、後の続編のBGMにも幾度も流用されたし、後にメディア物のBGMはアルバム化を想定した音楽作りが一般的な物になって定着してしまった訳で、如何に影響が大きかったかを物語ってますよね。

宮川先生の御冥福をお祈りします。

これはその歴史的1枚となった「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」のCD版
交響組曲 「宇宙戦艦ヤマト」 Symphony
交響組曲 宇宙戦艦ヤマト Symphonic Suite Yamato

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ヤマトよ永遠に」-気晴らしに観る戦争活劇 10
なりふり構わない映画。     ...続きを見る
晴雨堂の耕晴雨読な映画処方箋
2008/01/06 15:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
惜しい方が次々に去っていかれますね。
交響組曲ヤマトはLPレコード盤で持っていますが、CD化もされていたのですね。私はヤマトという作品自体よりも音楽に魅せられて番組を見ていたように思えます。本当に、きれいな曲でした。
tomoko
2006/03/23 20:37
私もまだLP持ってますよ。
あの世代の人間は大抵買ってますよね〜(^^)

「ヤマト」の音楽は本当にエポックメイキングだったと思います。
印象深いあの“スキャット”が流れてくるだけで胸がキュンとなったもんですよ(^^)
yaskazu
2006/03/24 00:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤマトよ永遠に Yasの“裏”日記・ジュネッス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる