Yasの“裏”日記・ジュネッス

アクセスカウンタ

zoom RSS 42年ぶりの再会

<<   作成日時 : 2010/02/14 23:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本屋をうろついていて、本当に偶然、何気なしに、普段はあまり見ない漫画文庫のコーナーを眺めていて、思わず目にとまったのが、この本!

画像


昭和43年〜44年頃の、月刊「ぼくら」に連載されていた、漫画版の「妖怪人間ベム」
幼少の頃の私の記憶には“確かにあった筈”なのに、長年存在が確認できなかった作品だったんですよ

子供の頃の記憶では、確かアニメ版よりも前に“何かの雑誌”(その雑誌が何だったかまでは記憶になかった)に載っていたという事と、アニメ版よりも絵のタッチがライトで、作品世界もあそこまでドロドロしたホラーじゃなく、別のテイストのホラーで、若干SFの要素もあった事。

変身後の姿が、アニメ版とは随分違っていたけど、違う意味での“恐さ”があった事。
アニメ版の舞台は昔の西洋みたいなイメージだけど、漫画版はなんか“日本っぽかった”気がした事。

などなどですが、それらが確かな記憶という訳ではなく、漠然とした・・・モヤのかかったようなイメージで、ハッキリしなかったんですよね。

ただ、鮮烈に記憶に残ってたのは、妖怪の姿の3人が“ヌッ”と立ってる姿と、連載当初は人間の姿の時は“5本指”だったのが、アニメ版開始後に3本指になって、ベロが樹かに掴まってるカットの手のアップのカットがハッキリ3本指になってたのとか、そういうのはかなり鮮明に映像として記憶に残ってたんですよ。

今、改めてこの漫画版を読み返してみて、そういった子供の頃の“記憶”に再会できて、凄く感慨深いものに浸っています。

なんでも、これまで単行本化されなかったのは、当時の諸事情から既に原稿が紛失っしまってるからで、この本は連載当時の原本から複写したとの事です。
それ故、かなり荒い部分もあるのですが、それはそれで“味”として見れば、また楽しいものです。

・・・・と、よく見ているとこの本、既に2002年に単行本化されていて、今回はその文庫本化って事らしいです。
その2002年の単行本ってのすら知らなかった私にとって、正に42年ぶりの再会です(^^)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
42年ぶりの再会 Yasの“裏”日記・ジュネッス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる