土曜特撮.4月最終週

超星艦隊セイザーX
第30話「受け継がれる想い」脚本:瀧田哲郎 監督:市野龍一

今週(てか、先週)は立続けに2回、バラエティ番組で“ゴルドさん”が出てたのを偶然見てしまって、思わずウケちゃいました(笑)
元々ロバート・ボールドウィンさんは外国人タレントとして以前から活躍されてたそうですが、あれだけ濃いキャラでもゴルドさんやってなかったら多分見逃してたろうなぁ(^^;
因みに、番組は「ぷっすま!」と「奇跡体験アンビリバボー!」(中の再現フィルム)です。

今回は閑話休題編的で全体的にはコミカル色が強い今回なんですが、キッチリ次回以降の伏線張りつつ、更に全編にこれまでのエピソードがセリフやシュチュエーションの中に巧に盛り込まれたり、その上で相も変わらず各キャラ立ちまくりで、ホントに毎回構成が上手いなぁと感心させられます(あと、スタッフ&キャストの役や番組への愛情とかも画面通じて伝わってくるし!(^^))
ま・・・予算の調整の為の回って一面もあるんだろうけど(^^;

1人シリアスに頑張ってるシャーク隊長と、妙に呑気な空気の漂う旅館手伝いのセイザーXの面々(笑)の対比が面白かった!(拓人の「無視かよ!」とシャーク隊長の戦ってる相手が“虫型”ってのはやっぱり狙ってるんですか!?(^^;)
他にもブレアードの“まさか!・・・~り担いだ♪”とかの、隋書に鏤められた“小ネタ”がやたら楽しくて、ここらのネタ挙げてったらもうキリがありません!wwwwww

少し気になるのはネオデスカルとバレーダの会話の内容で、シャーク隊長が自分を顧みずに歴史を本気で変える気でいる云々の部分。
歴史が変われば、シャーク隊長はどうになっちゃうって言うんですか!?(えー

アクアルも、どうやら本心では“こちら側”に来たがってる・・・と言うよりは、真実を告げてブレアードにサイクリードを救って欲しい様な素振り見せてますね。
そして、多分彼女も3人で宇宙に帰りたいと思ってる・・・
次回の予告を見る限りでは、ブレアードもいよいよサイクリードの異変に対して動く様だし、中々ハードな展開になりそうな予感。
だからこそ今回はこういうお笑い中心で、その後にほんわか温ったかい物が残るエピソードに仕上げたのかも知れません(もしかしたら名編として残るかも!)

おいしい御飯を食べられる小さな幸せを守る為に戦ってる・・・・って、名言だなぁ!(^^)


ウルトラマンメビウス
第4話「傷だらけの絆」脚本:小林雄次 監督:村石宏實

「何か弱そう・・・」とか、「しかもブサイク・・・」とか・・・
散々な言われ様だなミクラス!(T▽T)
しかも活動時間が1分間で、チャージに1時間かかってたら日が暮れるだろうと画面に突っ込もうと思ったらホントに日が暮れきてた(笑)
・・・・やるな、スタッフ!

そんなミクラスを有一「可愛い♥」といっちゃうコノミ隊員は、そこだけだとちょっと感性がヘンな女の子みたく見えますが、実はここが結構ミソ。
ミクラスがコノミ隊員になついたのは確かに擦り込み現象ってのもあるかも知れないけど、コノミ隊員がミクラスを可愛いと思えるのは彼女が幼稚園の先生だった事や、小さな動物達を必死で守ろうとする母性愛が根底にあるからで、ミクラスもそんなコノミ隊員の心に反応したからこそあれだけなついてしまったんじゃないでしょうか?

ミクラスも、コノミ隊員も、両方弱虫だったけど、その弱虫が必死で強い相手に立ち向かって行く事が突破口となり、それがメビウスの戦う力にもなって行くって構成は良かったです(メビウスの活動時間は設定では“3分”なのに、コノミたちのお陰で“今日も4分間”戦えたってミライ隊員が言ってるのに注目!)
・・・・ちゅうか、わし段々「メビウス」キャラの中じゃコノミちゃん萌えになってきたかも・・・(^^;

キャラも内容も馴染んできたからかも知れませんが、段々「メビウス」面白くなってきた感じです(^^)

ウルトラマンメビウス ウルトラ怪獣シリーズ2006 03 ミクラス
ウルトラマンメビウス ウルトラ怪獣シリーズ2006 03 ミクラス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SAZER X #30

    Excerpt: 今回はお笑い編ということで、温泉旅館で働くセイザーXの面々たち。何だかんだと言ってもみんな楽しんでいる。と言うことで、今回のBGMは「温泉に行きたい」(えなりかずき)というマニアックな所としてみました.. Weblog: MEICHIKU なんでもぶろぐ racked: 2006-04-30 23:49