カブト.10

仮面ライダーカブト 10
脚本:米村正二 監督:田村直己

ザビーである事を見限られた矢車に資格を自ら放棄した加賀美、ザビーゼクターは宿り主を再び失い、更に新しいライダーの登場と、前回に引き続き怒濤の展開ですが、なんと言っても一番の見所はクライマックスの加賀美君と天道君の“熱い”一騎討ち。
ライダーである事よりも、友である事を取ったのは実に加賀美君らしい選択ですが、よ~く見てると本当はそれを望んでたのは天道君の方じゃないかって思われるフシがある、と私は睨んでるんですがね?

それでは今回のポイント
※仮面ライダーTHE FIRST&大空魔竜ガイキングDVDのCM
本編入る前にこっちがやたら気になった(笑)
そう言えば関西では新作の「ガイキング」はまだ未放映なんですが「sh15uya」と言い、最近テレ朝系は地方に対しての発信が冷たい・・・てか、朝日放送が放送しないのか。
まぁ、元々朝日放送はアニメや特撮物を“見下した”扱いが多いですからねぇ・・・って、ここで文句言っても始まらんのだが(^^;

※俺は変身したんだぁ~~!
変身直後に感動のあまりこう叫んでガッツポーズとる加賀美君に思わず(笑)
加賀美君の変身したザビーの戦い方はがむしゃらと言うよりはデタラメに手足をブン回してるって感じで、これがまた如何にも加賀美君らしくていいです。
ザビーの中味は同じ伊藤慎さんなのに、矢車と加賀美君のキャラの違いをキッチリ演じ分けてるんですよね。
つくづくスーツアクターさん達の力量には頭の下がる思いで、これは後半のカブトとの戦いのシーンでも十分に生かされています。

※エクスモード
カブトエクステンダーの変形モードの一番の“キモ”のあのバカでかい刃物(正確には錨だそうだが)が実質やった事と言ったらビルの外壁やガラスを破壊しまくっただけってのは如何な物かと(笑)
最後はヒーローが・・・って言うよりも“天道君が”倒さなきゃ意味がないって事なんでしょう。
どこまでも“俺サマ”なんだな(^^;
ライダーキックがカウンターじゃなく自分から蹴りに行ったのは実は今回が初めてで、今後はもっとバリエーション多くして欲しい所。
やっぱりライダーキックは空中からの飛び蹴りで決めて欲しいのはおぢさん世代共通の希望かな?(^^;

※お前に負けんたんじゃない
憎まれ口を叩くのかと思いきや、この言葉の後に
「俺は俺自身に負けたんだ」
と続ける辺りは中々の好印象。
ザビーゼクターに見限られ、新たに加賀美を選んだのを目の当たりにした事で、逆に自分自身を客観的に見つめられる様になったばかりか、加賀美や天道の事も自分と同じ目線で見れる様になったのでしょう(今までは明らかに見下してたもの)

素材の個性がぶつかりあう麻婆豆腐を作った事で天道を認めた矢車に、その味を認めつつも自分の麻婆豆腐を作れと言う天道はここで矢車を認めた訳ですよ。
そして“あの豆腐”を矢車が受け取った事で一応この“豆腐対決”には決着がついたと・・・
後のひよりとの湯豆腐のシーンもそうですが、「カブト」における米村脚本って、こういう1つのアイテムや以前のシュチュエーションが後々にキッチリ生かされてる辺りは上手いなぁって思います。

※ザビーの紋章
資格者の身体に表れると言う事は、天道君の身体にもカブトの紋章がどこかにあるって事なんでしょうか?
加賀美君がザビーの資格者である事を捨てた後はあの紋章は消え去ってしまうのかとは今回は描かれてなかったので何とも言えませんが、あの紋章自体に如何程の意味合いがあるかはかなり気になるところです。
尤も、「龍騎」のミラーモンスターみたいに一度契約すれば死ぬか食われるかするまで逃れられないとか言う程のハードな設定では無さそうなのはちょっと安心。
むしろ、ゼクターの場合は対象者の精神的な物や気質に左右される様なので、一種の修業的要素もありそうですね。

※加賀美パパの思惑
ウ~ム、どうもイマイチ加賀美パパのハラが読めません。
Salleに現れたのは単純に息子に会いに来たのか、それとも天道君に探りを入れるためだったのかだかなんでしょうが、この人の立場なら天道がカブトなのはもう把握してると思うんですよ。
その上で天道君に息子をよろしく頼むなんて言っちゃうのはよっぽどの悪党なのか、単に立場重視なのか、実はどうしようもない親バカなのかってのがどうにも判断出来ません。
その全てが同時に入ってるとも、そのどれでもないともとれたりもするし、ウ~ム・・・

尤も、息子がザビーになった事はこの後に知る様で、その上でカブト抹殺を命じたのはZECTの幹部たる立場上の事ではあると思うんですが、ラストシーンでまた意味がイマイチ分からん格言みたいなの口にしてる辺りが更にハラを読めなくしてるし、ここはどうも意識的に作劇してる様ですね。
本田博太郎氏の怪しすぎる演技もそれに拍車かけまくってるし(^^;

※希望という名の一輪の花
ひよりがベルトの装着者に敵意を持っているのは確かな様ですが、その理由というのは現段階ではまだ不明。
今回判明したのは天道君もやはりひよりと同じく隕石の落ちた日に渋谷にいて、瓦礫の下に埋まっていたらしい事。
しかし、天道君の言う“希望という名の一輪の花”が何なのかは語られず終いな為、結局謎が余計に深まっちゃっただけというのはもう白倉作品の真骨頂ですな(←誉めてるつもりです、一応(^^;)

ひよりの絵には憎しみの色は似合わない。
人を温かい気分にさせるのがひよりの絵が本来持っているもので、そこにひよりが温ったかい料理が好きだって理由と湯豆腐をかけて、前の料理対決の時の話を絡めてくる辺りの組み立ての上手さは先にも書いた通り。
井上脚本の様なドラマティックな展開は無い代りに、1つ1つのピースをじっくりと紡ぎ合わせていくのが米村脚本の魅力の様ですね。

※カブトを倒せ!
ザビーになった事で、天道と力を合わせて戦えると有頂天になってる加賀美に下されたZECTの命令は非情にも“カブトを倒せ!”
命令は絶対なれど、友達と戦う事は出来ないと言う加賀美君と、倒しに来るなら全力で受けて立つと言いながら、自分では嫌いな言葉と言って口にしなくともそれと友達である事は別だとでも言う様な天道君との対比はなかなか面白い部分で、ここが今回のクライマックスを大きく盛り上げる事になるんですな。

※友の心が青くさい
戦いを繰り広げるシャドウと加賀美ザビーの前に、天道君が狙われてるのを承知の上でカブトとして姿を表したのはワームを倒す目的だけでなく、むしろ加賀美君とのケリを着けるためなんでしょう。
「お婆ちゃんは言ってた、友情とは友の心が青くさいって書くってな。
青くさいなら青くさいで、それを本気でぶつけなければ意味がない!」

その言葉を切っ掛けに、天道=カブトに対して本気でぶつかっていく加賀美ザビーですが、その渾身のライダースティングを掌で受けながらも、ニードルの先端だけは(恐らく、敢えて)自分の肩にヒットさせてる辺りは、(加賀美君の)想いは確かに受け止めたって意味なんでしょう。
だとすると、実は天道君の方が加賀美君よりもずっと青くさいヤツなんじゃないでしょうかね?(^^)

※大事な物
加賀美君があれ程望んだライダーの力を棄てた代償に掴んだと言う大事な物とは、言うまでもなく天道君との友情なのでしょうが、このまま素直に丸くは収まらないんでしょうねぇ(^^;

※3人目
ラストシーンに登場した女の子連れの男が3人目のライダーらしいですね。
因みに武器は銃系だそうです。
・・・・ん?、女の子連れで銃使いって・・・・息吹く鬼?(てか、S・Aさん押川さんだし(^^;)

※カブト煮
加賀美君の妄想っぷり凄ぇ(笑)
どっちにしてもひよりの料理が食えるなんて羨ましいぞ・・・

次回は遂に井上敏樹、そして田崎竜太復帰です!
また外野が騒がしくなりそうな気がしますが、気にせずに、私は私の天の道を往く事にしましょう(^^;

装着変身 仮面ライダーザビー
装着変身 仮面ライダーザビー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月08日 13:47
 加賀美くんの変身は時期尚早だと思っていたら大当たりでした。私も、本田博太郎氏の怪演がどう生かされるのか楽しみです。
 カブトは、最近のライダー苦手な私でも楽しめます。キャラ立てがしっかりしてるからでしょうか。
2006年04月08日 21:38
いつかは加賀美君にも正式に変身させてあげたいって気持は変わらないんですが、ポジション的に言えば加賀美君はやっぱり“滝和也”で行った方がいいのかもなぁとも最近感じてます。

カブトのキャラは(今までの平成ライダーとかに比べて)いい意味でアクが抜けてるんですよね。
あれだけの俺サマな天道君も、プライド高過ぎな矢車も、根っからのDQNじゃない部分がシッカリ描かれてるのが秘訣なんでしょうね(^^)
つ(サボサボ)
2006年04月08日 22:58
yasさま、こんにちわ。
ザビーゼクターに捨てられた矢車、ダークザビーにでもなるのかと思ったらやけに神妙でしたね。そして拾われたかに見えた加賀美が意外にも?捨て蜂。青い虫が命令すると書いて蜻蛉(トンボ)?の登場らしい次回。Iさん脚本シュート?
>エクスモード
朝○ちかと。(笑)錨?が跳び箱の踏み台みたいでしたね。
>ひよりの絵
…がリコの絵みたいに!(ブルブル)
>天道君の身体にもカブトの紋章がどこかに
朝一番で…(以下略)加賀美くんもあのままじゃ銭湯やスポーツクラブにもいけないですよね。
>実はどうしようもない親バカ
…に一票!というか、希望です。
>※カブト煮 加賀美君の妄想っぷり凄ぇ(笑)
そこまでして天道を頂きたいか!(仮想ネタ萌え)
というか、今んとこの雰囲気だと天道が加賀美を「面白すぎて」追っかけちゃう感じですよね。でもってお互い「こんな筈じゃ」展開に…。(笑)
>トンボ
すみません、どうしても前田健にしか見えません。(汗)
毎度大量につまらないレスで失礼しました。
2006年04月08日 23:03
すみません。前回コメント最終行、「レス」ではなくて「コメント」でした。(汗)もう日本語が…_| ̄|○
2006年04月09日 22:03
サボサボ様、どうもです。
別にレスでもコメントでも構いませんので、お気になさらなくていいですよ~

>ザビー
矢車君は多分あれで本来の自分を取り戻すでしょうし、ザビー復帰はあり得ると思いますよ。
ただ、ここで影山君辺りがダークホースで出てきそうな気はしますけどね。

>○勃ち
・・・・いや、女性(しかも人妻)からそう言うお言葉が出ると独身中年男は妙に恥ずかしいです(キャ~~(^^;)

>ひよりの絵
よっぽど何か恐ろしい事があったみたいですね。
今後の展開が楽しみな所です。

>銭湯やスポーツクラブにもいけない
あ、ウチらの銭湯にはもっと派手な絵を背中や腕に描いたニィちゃんとかオッチャンとか結構いますよ~(違うって!)

>親バカ
基本的にはそうだと思うんですが、そこに立場的なしがらみが関わってきて・・・みたいな物だと思うんですが、
どうなんでしょうね~?

>天道と加賀美
なんか、10話で増々妙な事になりそうな展開に・・・おのれイノウエ(笑)

>前田健
てことはあややに似てるって事ですか?(^^;
2006年04月09日 22:05
つづき(文字数制限があったのね(^^;)

井上脚本はもっと物議を呼ぶかと思ったんですが、思った以上に「カブト」の世界観には馴染んだ感じですね。
特に天童君のキャラは、多少デフォルメは強い感はあれど、本来白倉Pが想定したカタチに近いんじゃないかなと言う印象は受けました。
その辺はまた10話の感想にて。

この記事へのトラックバック

  • Masked Rider KABUTO #10

    Excerpt: 一部作品の放送日変更で、「地獄の日曜日」という事態になった日曜日の特撮関係のON AIR。しかし、本作はこれからも日曜日の3本目として記していく予定でいる。尚、最終回の「牙狼」と今週の「リュウケンドー.. Weblog: MEICHIKU なんでもぶろぐ racked: 2006-04-08 15:11
  • アバンタイトル

    Excerpt: 先週のラストで加賀美がザビーに変身したところから今週は始まった。 オープニングのテロップでも(加賀美新 仮面ライダーザビー)と出た。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-04-09 17:48
  • 仮面ライダーザビー

    Excerpt: 「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダーザビーについての解説です。仮面ライダーザビーはZECTがシャドウの指揮官兼カブト.. Weblog: 仮面ライダーカブトのすべて カメンをかぶったヒーロー達 racked: 2007-04-10 17:19