どなた?

あいも変わらずご苦労様なspamメールですが、最近来た物はどうにも理解に苦しむ物で、暫く放置してたんですが、検索してみたところ同じ物を受け取った方もいた様なので、ちょこっと晒してやります。

> From: ○○○○○○○○○○○@○○○○○○.○○○○○○○○.○○○
> Date: Mon, 08 May 2006 19:13:04 +0900
> To: ○-@○○○.○○○○○○○.○○.○○
> Subject: 同じ職場で働いていた洋子です。
>
> 私の事を覚えていますか?
> でも、8年前の話ですし、あまり話もしなかったので記憶に無いかもしれませんが…。
> 同僚の斉藤さんから雄二さんのアドレスがこれ○-@○○○.○○○○○○○.○○.○○だと聞き、い
> きなりメールしました。
>
> それで、今更の告白なんですが、雄二さんの事がずっと好きでした。
> でも、私は結婚していましたし、困惑させたくないと言う思いで声をかけないままにな
> ってしまいました。
> じゃぁ何故メールをしたかと言うと、実は離婚したんです。先月ですが。
> 都合の良い考えは雄二さんを傷つけるとは思ったんですけど
> 8年間思い続けてたので…メールしたい衝動を抑えられませんでした。
>
> 雄二さんは生真面目で、素朴で、そんな雰囲気に惹かれました。
> でも、当時の私は主人に不満もあってか、浮気したり遊びまくっていたので…。
> 雄二さんとは釣りあわないと思って押さえていました。
> でも、雄二さんを好きな思いは今でも変わりません。
> この人なら心から真剣に愛せるかなって。
> 当時は、どんなに真剣な気持ちでも不倫にしかなりえなかったのですが
> 今の私なら、受け入れてもらえるかと思って、勇気を出して告白します。
>
> 私の、8年間の思いを、真剣な気持ちを受けとってください。
> 私は引っ越してはいないので、以前と同じ501号室に住んでいます。
> 携帯はご存知無いはずですので、連絡頂けたら教えます。
>
> お忙しいとは思いますけど、時間のある時でかまいませんのでお返事ください。
> 本心は早くお返事いただきたいのですが…。
> 心よりお待ちしていますね。
>
>

一応述べておきますと、私は雄二なんて名前ではないし、斉藤さんって知人もいませんし、洋子さんと言う方と働いていた事も勿論ありません。
てか、私が当該の時期に居た会社は“男ばっかり”の会社で、女性社員そのものが居ませんでした!(泣き笑い・・・)
ま、これだけならちょっと最近ありがちな“壮大なストーリー”な連続物かなぁと思ったんですが、次に来たのがコレ。

> From: ○○○○○○○○○○○@○○○○○○.○○○○○○○○.○○○
> Date: Tue, 09 May 2006 17:27:28 +0900
> To: ○-@○○○.○○○○○○○.○○.○○
> Subject: 雄二さんの事でメールした洋子です。
>
> 何のメールだろうと、思われたでしょうが…。
> ごめんなさい、アドレスを間違えてメールをしたみたいなんです。
> 本当にごめんなさい。
> 教えてもらったアドレスが違っていたようです。
> ○-@○○○.○○○○○○○.○○.○○はあなたのアドレスですものね?
> 本当に申し訳ありません。。
> 削除して下さい。
>
> 失礼します。
>
>

・・・・終わっちゃった(笑)
いや、こういう手合いのストーリー性持ったspamってしつこく送りつけてきて、なんとかこちらの情報を入手しようとするのが“テ”な訳ですが、こんな風にアッサリ2回で終わっちゃったら逆に何がやりたかったのか、なんの目的だったのか理解できません。

思うに、私のメルアドを本文中に確認するかの様な一節が見受けられますので、ここに何かの“意図”があるのかも知れません。
乗せられて文面のまま晒して一緒にアドを公開させる事が目的だったのかしらん?

因みに、これから数日後に“間違えました”と言っておきながらまた同じ物が2通とも来ていました。

何なんだ・・・・(^^;


SPAMの撃退―Sendmail,Procmailの設定とメールフィルタリング 最新ネットワーク技術ハンドブック

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 洋子からのメール徹底検証

    Excerpt: 最近また井川タイプの長編スパムが続々と届いています。5通目からはURLが貼られてくるのでクリックしたら一体どうなるんだろう?と気になっている方も多いのではないでしょうか。 暇にまかせていろいろと.. Weblog: かりんのひとりごと racked: 2006-05-17 13:00