カブト.16

仮面ライダーカブト 16
脚本:井上敏樹 監督:鈴村展弘

ちょっと待て!
・・・・てか、何から突っ込んでやろうか(笑)
幾ら天道総司が何でもアリと言っても、何でもアリ過ぎで寛大な私も(←自分で言うな)今回はさすがに言わざるを得ないと言うか・・・(^^;

とにかく天道の凄さを描く事、それ自体は構いません(何度も言う様に天道はそれが許されるキャラとして描いてきた筈だから)
しかし、本当にその凄さを描くなら、そのバックボーンとなる世界観や設定等、ある程度確立しておくべき物が最低限あってこそ真の意味で輝く筈。
まぁ、そう言った部分が曖昧なのは“平成ライダー”総体に言える事ですが、それにしても「カブト」のソレはちょっと穴があり過ぎです。
その事が却って天道をピエロにしてる・・・と言うか、“天道って凄い”ってのを(作品の背景がシッカリしていない事の)言い訳にしてる様に見えちゃうんですよね。
表面上は凄く面白そうに見えて、素直な目で観てるファン(大人、子供問わず)を巧妙に騙してると言うか・・・

・・・・ちょっと、言い過ぎですか?(^^;

尤も、それを承知で(騙されてる事を)楽しんでるファンもいらっしゃるし、それに対して私が意見を述べるつもりはありません(楽しみ方は各々だから)
むしろ、本当は私もこんな事言わずにヘラヘラと楽しみたいんですが、今回はさすがにちょっとハナについてしまったんでね。
愛するが故のイチャモンってヤツです(そうは思って貰えないかも知れませんが・・・)

では今回のポイント
※天道寺総司郎
「そんなのアリかよ!」
全くだ(笑)
以前天道はZECTに一度捕われてる筈で、仮に(当時のゴタゴタで)その時のデータが無かったとしても、そこで面が割れない保証はどこにもない訳だから、それを敢えてZECTに潜り込んだ天道の度胸はやっぱり凄い!・・・で、いいのか!?ホントに・・・てか、そもそもどう言う経路でZECTに入隊したんだ(^^;

「この俺を誰だと思ってる・・・俺様だぞ?」
それでも、この段階では、天道のキャラ考えればアリかもなぁとは一瞬思うんですが、後のシーンの五郎ちゃん(←み、し、ま、だ!)の言動と共に、どう言うデータを持ってして天道“寺”を影山より優秀と判断したのか?
幾ら実力主義だと言ったところで、素性もちゃんと調べないで“秘密組織”に入れるばかりか、そのリーダーにしちゃう辺りのZECTの組織としてのいい加減さもかなりアレですが、私が突っ込みたいのはむしろ展開の(良くない意味での)ツメの甘さ。

例えば、ZECTは本当は天道“寺”の素性も、彼がカブトである事も承知の上で何かの“含み”があって入隊させ、シャドウのリーダーにした。
そして、天道の方も実は相手方の意図など分かった上で、逆にそれを利用してやったってのであればまだ理解できるし、話にも緊迫感が出て、より天道の凄さが伝わると思うんですが、結局最後までそう言った物はありませんでした・・・
これから後のエピソードでその辺のフォローがあったなら素直に凄いと思うんですがね(てか、そうしてくれ、頼むから(^^;)

※アイスクリーム
ひよりが聞いてるのに云々は別にしても、あんな公の場所で機密事項の話を大声でするコヤツらは一体どうした物かと・・・(^^;
そんな中で我関せずマイペースなゴンはある意味天道以上に立派(笑)
今回はゴンとアイスクリームは何げにキ-ワ-ドになっていて、ラストシーンでも関わってきます(特に意味は無い様ですが)
因みに、毎回OP後の提供バックの1カット目には必ずその回の“食べ物”もしくはそれに関するカットになってるんですが、今回はそのラストシーンのゴンのアイスクリ-ムでした。

※まだ引きずってるの?
良い悪いは別にして、コケにされた事実に対してそれを見返さなきゃ気が済まないって辺りは(ガキっぽくはあるけど)熱血加賀美君らしくて私は好きです。
てか、男ってそう言うエネルギーで奮起する物だし、それがあるからこそ戦える部分があるんですよ。
ウン、やっぱこの番組のホントの主役は加賀美君だとわしは思う(^^)

※影山君の不満
三島さんとのやりとりの内容についてはついては先に語ったので割愛。
ここで気になったのは、シルエットで映った時の2人の“頭の大きさ”(^^;
三島さんがデカイのか、影山君が小さいのか・・・・どっちだ!?

リーダーとしての資質が無いのは前回も“カブト”に指摘された通りですが、それを三島さんにダメ押しされた上に“当の本人”(尤も影山君は気付いてない・・・らしい(^^;)にまでイジイジと弄られる事で増々“募って”いく影山君。
なんかここの天道君の影山君に対する態度は殆どイジメにも思える位執拗に見えるんですが、つまりソレは加賀美君に代わって恨みを晴らしてやってるって事なんでしょうか?(^^;

※トリプル若林
よし、わしの予想は当たった!(笑)

※勧誘
前後を通しても今回最も意味が分かり辛かったのが天道君の風間に対するZECTへの勧誘。
ここは本当に今でも天道君の意図がイマイチ理解できません。
自分はどの道長居をするつもりは無かった様だし、風間にハナからその気が無いのは多分天道君自身が一番分かっていた筈。
なら、本気で風間を気遣って奨めた?
・・・・ウ~ム、まさかねぇ(^^;

※ゴンは名無しのゴンベのゴン
本人が気に入ってる様だからいいけど、名付けたのが風間なら微妙なセンスだな(^^;
2人、いつもベッタリな訳じゃなくて互いに1人の時間が必要って、まるで熟年夫婦じゃねぇか(笑)

※潰し合え
この影山君の行動もよく考えればかなり謎で、憎たらしい新隊長とZECTに属さないライダーである風間とを潰させ合うのが目的なのでしょうが、この辺りだけ見ると影山君は天道“寺”の正体把握してる風にも思えちゃいます(でも、気付いてなさそうなんだよなぁ・・・(^^;)
後、2人が知り合いだって事を影山君が知ってる描写は無かった筈だから、先の2人のやりとりをどこかで見ていたかしなければあそこでイキナリ風間を襲った理由が成り立たないんですよね(カットされたかな?)

※皿洗い
で、Salleでコ-ヒ-飲んでる天道に、“お前の部下”(影山)が襲ってきたと文句言いに来る風間→ヤケに素直に謝った上“当人”を呼びつけて半ば強引に頭を下げさせる→ダメ押しに“加賀美の指導の元に”皿洗いをさせる天道って流れになる訳ですが、もしかして風間の勧誘から始まって最終的にこの影山に屈辱を与えるまでが天道君の綿密な計画だったのかしらん?
もしそうだとしたら確かに凄いけど、分かり辛いよ(てか、凄い性格やらしいよ天道(^^;)

因みに、予め洗剤を混ぜた水、またはお湯(真水でも可)に例え数分間でも漬けておくか浸しておかないと、ああ言うヒドイ汚れは中々綺麗に落ちませんぞ>皿洗い。
それを指導しない辺り、加賀美君もバイト真面目にやってないな(笑)

※ドクター天道寺
「いくら俺でもこうも簡単に病院に潜り込む事は出来なかった、ZECTの力も中々だな」
いや、教会に潜り込んだのも中々だと思う(笑)

ここで素直に“おお、そうだったのか!”と思えないのは、そのZECTの“中々さ”がキッチリ描けてないからで、それを天道のキャラで誤魔化そうとしてる姑息さが気に入らないんですよ。
これは井上脚本がどうとか、白倉作品がああだとか言う以前に「カブト」って作品がそう言うのを含めた物語の最低限の土台を置いてけぼりにしたまま1クール以上進めてきちゃったのが原因。
畳めない大風呂敷広げると言うより、風呂敷が広がりきらない内に荷物を無造作に置いちゃった様な感じ。
残りのクールでちゃんと回収してくれる事を切に祈ります。

※誤診でした
それで済むのかよ!!(^^;
でも案外あのまま手術された方が良かったかも知れない>加賀美君(笑)

※契約
あのビンタが伏線になってるとはさすがに思わんかった(笑)

若林は自分の手術を待つ患者の為にワ-ムと契約し、1ヶ月の間命を奪う事を待ってもらった。
一見患者を思った立派な行為に見えるけど、幾ら自分の姿形、知識や技術を完璧に持ってるとは言え、訳の分からん怪物に大切な患者の命を預けた上、(多分)その間飲んだくれてたのだろうからある意味ワームより悪質。
その間に無関係な人間が犠牲になった事を思えば、若林こそさっさと殺された方が良かったのかも知れませんな(酷!)

※フォース若林
そんなに居るとはさすがに思わんかった(笑)

天道の言う通り、若林に代わって幾人もの人間の命を救ったかも知れなくともその一方で別の命を奪ってれば何をしてる事か分かりゃしない。
結局ワームはワ-ムにしか過ぎない・・・・と、ここまではまぁ納得。

しかし、ストーリーやドラマ、天道君の天道君ぶり(笑)は決して悪くないのに、何かチグハグな感じがしちゃうのは、多分ワームの目的や正体(人間に擬態し、その命を奪い、社会に潜り込んで何をしようとしてるのか)が証されていないからだと思うんですよ。
同じ目的や正体が不明の敵でも、グロンギやアンノウンはそれを探る事自体が物語の重要なポイントだったけど、ワ-ムに関してはそれすら無いんですよね。
訳の分からん相手に“~しか過ぎない”って言っても、何が“~しか過ぎない”なんだって思っちゃいますもの(^^;

※ライダーシューティング
マトモに決まったのは実は初めてだったりする(^^;

※お前に戦い方を教えてやる
なんか・・・えらいヘタレっぷり見せちゃってるな、影山君(^^;
カブトとドレイクの戦ってる所に乱入する様なカタチで参戦する影山ザビーですが、あそこで走ってくるって事はどこかで経緯を見ていたって事な筈で、その時点で天道“寺”の正体は分かっちゃったと思うんですが、やっぱりバレてなさそうなのは何故だ!?(^^;

で、ある意味今回の最大のハイライト。
大苦戦の影山君に代わって三島さんがザビーに変身しちゃう訳ですが、影山をボコッたワームを殆ど余裕で倒しちゃいます。
三島もザビーの資格者だったのかって展開はある意味井上脚本らしくて良いんですが(・・・(^^;)、よく見ると飛び去ろうとするザビーゼクターを無理矢理捕まえて強引に変身した様にも見え、より三島の謎っぷりが深まった感じ。
三島ザビーは立ってるだけで他のザビーに無いワイルドな匂いプンプンって感じ放ってますが、演じわける伊藤さんは大変だな。

で、影山君は増々立つ瀬のない事に・・・

※やったぞ俺ー!
一方逃げたワ-ムを追い掛け、ZECTガンだけで倒そうと言うかなり無茶な行為に出る加賀美君を気付かれない様に手助けしてやる天道君。
冷静に考えれば解りそうなものですが、自分で倒したと思い込んで手放しで喜ぶ加賀美君は確かに面白いヤツです(笑)

尤も、加賀美君の今回の行動は自分に自信をつける事が本来の目的な訳で、その行動で加賀美君は確かに自信を持てた・・・それが一番重要な事なんですね。
天道君はそれを完結させる為にちょっと手を貸しただけで、やったのは確かに加賀美君自身なんですよ。
こういうのは井上節の良い所が出ていて、好きです。

※遂に犯罪者か!?(^^;
天道寺は行方が知れなくなった・・・って、まぁこの辺りは先に散々突っ込んだんで多くは言いますまい。
このシーンのお陰で、ZECTが天道の事を知ってて泳がせてる可能性も感じますからね。

もはやアンデンティティ崩壊寸前の影山君に三島が与えた次の命令は・・・・って
おいまさか幼女誘拐ですか!?(^^;
どこまで堕ちるんだ、影山・・・・_| ̄|○


仮面ライダーカブト ライダーヒーローシリーズK06 仮面ライダードレイク(マスクドフォーム)
仮面ライダーカブト ライダーヒーローシリーズK06 仮面ライダードレイク(マスクドフォーム)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年05月20日 20:42
 やめてー、影山君、変質者になるのだけはやめてー・・・って、最近の物騒な事件の多発を見るにつけ思います。
 ザビーの「中の人」(本来の意味で)本当に大変そうですね。次は誰?って。
2006年05月21日 00:31
ラストカットの影山君の目、完全にイッちゃってましたもんねぇ~(^^;
早く更生しろ、憐!(←まだ言うか)

スーツアクターさんはホントに皆さんプロと言うか、凄いなといつも思います。
ザビー役の伊藤さんも、まさかこんなに短期間で中味がコロコロ替わるとは思ってなかったでしょうしね(笑)
次のザビーは・・・いい加減矢車さんに復帰させてあげて下さい(マジでそう思う(^^;)

この記事へのトラックバック

  • Masked Rider KABUTO #16

    Excerpt: 今回の物語は、前回からの続きであるが、大事な部分が抜けていた。そう、「今週のお料理教室」が無かったのである。ということで、流石は井上脚本、お決まりのパターンをぶちこわしてくれました。BGMは、その物語.. Weblog: MEICHIKU なんでもぶろぐ racked: 2006-05-20 11:22
  • カブト16話

    Excerpt: 先週のラストで天道がシャドウを指揮していた。 影山は部下である。 どんどん性格が暗く、惨めになってくる。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-05-20 18:03