「一部迷惑メールの判定もれが発生中」について

一部迷惑メールの判定もれが発生中」について
どうもおかしいと思って、ブログにちょこっと書いた後で問い合わせてみようと思ってたら、やはりそう言う事でしたか・・・

普段なら【spam】の表記と共に、ウチのメーラーに設定してある専用フォルダに振り分けられる筈のspamメール(主に出会い系やエロ系)がガンガン入ってきやがるのでウンザリしとったのですが、是非とも早急に復旧を願いたい物です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

G.O.R.N
2006年08月20日 11:59
日本国内のSPAMフィルタはプロバイダにもよりますがほぼ二極化されています。@niftyなどが導入しているBrightmailとBIGLOBEが導入しているCloudmarkです。どうも、Cloudmarkを使っている他プロバイダでも似たような障害の報告が続いているので大元のCloudmarkで何かがあったと考えるのがよいだろうと思います。
2006年08月20日 21:15
G.O.R.N様、初めましてです~
ウ~ム、専門的な事はよく解りませんが(・・・(^^;)フィルタの方になにかトラブルがあったらしい事はBIGLOBE側からの報告なんとなくは分かりました。

フィルタの方に問題が発生したのか、或いはそれをすり抜けるプログラムが出てきたのかでも変わってくるでしょうが、結局はイタチごっこになるのでしょうかね?

ただ、今回の件では確かにBIGLOBE側の対応も誠意を欠いていた部分はあると思うし、ユーザーが怒ったのもそう言う部分なのも確かでしょう。
いわゆる“クレーマー”も、そういった業者側の“隙”を狙ってくる訳だし、その点ではやりBIGLOBE側も甘かったと私は思います。

G.O.R.N
2006年08月21日 11:31
要するに今、各プロバイダが持っているSPAM対策サービスというのは各プロバイダが独自に作っているわけではなく外部のサービスを調達しているわけです。BIGLOBEの場合はCloudmarkの製品を使っています。調べたところCloudmarkは1ヶ月に1度、SPAMフィルタの内容を更新しているようです。そして、BIGLOBEと時を同じくして、同社の製品を使っている他プロバイダでも同じような異変が起きているので、Cloudmarkが何らかのトラブルを起こす新パターンを更新でリリースした可能性が高いと思います。
この場合、BIGLOBEで採れる対応は少ないですね。もっとも消極的でもっとも確実な対応は先月のものに戻すことですね。能力は先月のものにダウンしますが今まで排除できていたものが排除できなくなることはないはずです。
2006年08月21日 21:06
G.O.R.N様、色々と御教授頂きありがとうございます。
私は技術的な事とか専門的な事はサッパリ分からないのですが、なんとな~~く概要は理解できた様な気はします(^^;

今、ネットを利用してる人間の大多数(私も含めて)が専門知識とか分からないドシロウトな訳で、そういった人間にちゃんと理解できる噛み砕いた説明は、やはりプロバイダ側からはして欲しいですけどね。

この記事へのトラックバック