カブト.28

仮面ライダーカブト 28
脚本:井上敏樹 監督:田崎竜太

例年通り関西では高校野球放送の為に1週遅れでの放送となった為、今更何を書いても後追いだったり他所様の感想の焼き直しみたいになっちゃいそうなんですが(あ、それは元からか(^^;)その辺はどうかお許し願います。

今回は何と言ってもラストの大介とゴンの“よりが戻る”(?)のがハイライトなんですが、その為に前回で色々振った伏線やらネタやらがものの見事に機能してなかったり、細かい設定や初回から今までの展開が破綻しちゃってると言う、ある意味白倉&井上コンビ“らしさ”が全開しちゃってるのはなんともはや・・・(^^;
それでも最近は慣れちゃったせいか、結構受け入れられる様にはなってきたんですが、考えてみればこの作風も「555」まで自然に楽しめてたんですよねぇ。
色々と人の気持は難しいと言うか、身勝手なもんだなぁと思うこの頃・・・

では今回のポイント
※危機一髪
樹花ちゃんの危機は天道君の帰宅でアッサリと回避。
多分そうなるだろうなぁとは思ってましたが、あとほんの“ひとひねり”位は欲しかったかな?
まぁ、ここで変に凝るよりも全体のリズム感やダイナミズムを優先したのでしょうが、自分的には“肩透かし”だったのも事実なんで(^^;
細かい所を言えば、ここで逃亡したニセ風間は天道宅にメイク道具一式入りのギターケースを置いて行ってるので、本物と見分ける術が1つ無くなった事になります。

※逢いたいよ・・・
逃亡の果てに思わずゴンの携帯に連絡いれちゃう風間。
ゴンが自分の事を思い出してくれた事に素直に喜び、互いに逢いたいと求めあう訳ですが・・・
なんだこの昼メロ展開(^^;
いや別に構わないんですが、なんか風間とゴンの関係がマジな恋人同士みたいになっちゃってる辺り、自分が思っていた2人の関係とはちょっと違った様な気がしたんで驚いたと言うかね(ちゅうか、犯罪だろう!(^^;)

てか、携帯の待受けにゴンの写真使ってる風間の“未練タラタラぶり”がかなり情けなかったり(^^;

※風間大介、死亡?
まぁ、大方の予想通り風間の死体はワームが演じた偽者で、ZECTがライダー達をハメる為に仕組んだ事だった訳ですが、それに対して全員が殆ど疑問を持たずに乗せられちゃったのは如何な物かなと。
さすがに天道君は風間の死そのものには疑問は持った様なんですが、目の前の死体がワームだとまでは気づかないと言うか、妙に思わない。
今まで散々ZECTのやり口は見てきた筈の人間が揃ってるんだし、この事態そのものに疑惑を持つ人間がいないと言うのがちょっと不自然に思えちゃってね。
ただ、ぼっちゃまや加賀美君は元々“そういうキャラ”として描かれてるから、騙されても不自然ではないけどね(笑)
風間の死に対して加賀美君が感傷的になるのも、彼らしくていいと思います。

影山君は最初からZECTの人間として“仕組んだ”側な訳だから上記の事柄からは外れる訳ですが、幾ら組織に忠実だからとは言え、ワームに事実上“使われてる”事に対するリアクションを見せない辺り、本当に堕ちるトコまで堕ちちゃったのかなぁと、切なくなったり(^^;
ところで、影山君の“見事なモンだねぇ”に思わず“どこが?”って突っ込んだヤツは手を上げろ!(笑)

※熱い心を強い意志で包んだ・・・
ライダー達が横一列に並んで歩いてくるシーンは公式HPでも書かれてる様に「Gメン75」っぽくって事らしいです。
あの絵面はパロとして、オマージュとして、方々で使われますが、確かにインパクト強いですもんねぇ。

それはいいんですが、影山君は何故あの時“天道寺総司郎”がカブトだった事にノーリアクションなんだと言うのも方々で突っ込まれてます。
ここでセリフなりシーンで説明入れちゃうと全体のテンポは悪くなるから無理に入れる必要はないと私は思うんですが、その後なり前なりにフォローがあってもいい筈。
そう言う所が抜けちゃうから突っ込まれるんですよねぇ、結局は・・・(^^;

※タコ殴り
後のシーンで風間が称したドレイクVSザビー&ハメられちゃったライダー達の例え(笑)
この時、ザビーが率先してドレイクに突っかかってるのはそれが最初からの作戦だからで、風間の死の確認とドレイクグリップの回収はZECTに任せて云々辺りでそれをなにげに匂わしてるんですな。
その事に何か腑に落ちない物を持ってるのは天道君だけらしいのですが、それ以上の行動をここで起こさないのは天道君らしくないと言うか、半分は信じちゃってるのか。
“こんな穴だらけ”の作戦なのに・・・
ウ~~ム(^^;

※やっと会えた
なんとか生き延びた風間とゴンの再会。
互いに喜びあう姿は中々に微笑ましい・・・・んですが、画面を見る限りでは風間はずっと意識を失ってた様子で、ライダー達にカコ殴りにされた後で河に吹っ飛ばされたのを見てたのはゴン1人・・・てことはあの橋の下まで大人の男1人を運んで介抱してったのか!?
ゴンが!(^^;
凄いぞゴン!

※スッポン雑炊
ちゃっかりかっさらってくゴンがいい(笑)
なんかこう、ゴンはあの歳にして既に“女の使い方”を熟知してる辺りが末恐ろしい(^^;

※ミサキーヌ
ぼっちゃま、そのソバはさすがに食えません、勘弁して下さい(^▽^;
ちゅうか、あんな商売のやり方でよく店主はクビにしないもんだ(29話では更にここの店主の器の大きさが分かるけど(笑))

ぼっちゃまが岬さんに亡きお姉さんの面影を見てると言うのは本当だった様で、彼女の言う事なら素直に聞く辺りはこの先の展開にも関係するかも知れません。
そして、じいやからぼっちゃまの過去を知らされた加賀美君が彼の中に自分と同じ物を見て少し感情移入しちゃう辺りが、29話の伏線になってるんですな。
放りっぱなしの伏線が多いと思って油断してると、こういう所で思わぬネタ振りしてる所が井上脚本の侮れないところなんだよねぇ(^^;

※ゴンの見る目を信じたい
風間が無事なのは天道君の知るところとなった訳で、ここでやっと天道君はハメられた事に気づく・・・と、まぁそれはいいでしょう。
しかし、目の前の風間が100%本物とは言い切れないと言う慎重性は実に天道君らしいのに、ZECT側の三文芝居には何の疑問も持たずにアッサリ乗せられてる辺りがどうもよく理解できません。
簡単に言えばこれもダイナミックな展開を優先させる為なんですが、その為に細かな部分やネタ振りした部分がシッチャカメッチャカになっちゃうのにはやっぱ突っ込ませて欲しいよなって(^^;

※影山逃亡
で、本物風間とニセ風間の対決シーンとなる訳ですが、天道君や本物風間はどうやって影山君がニセ風間と取り引きする場所を知ったのでしょう?(ここは今回本当に最後までよく分からなかた(^^;)

最初はニセモノがドレイクに変身ですが、この時ドレイクゼクターも一瞬迷ってる姿が中々可愛らしい(笑)
その後に天道君と加賀美君が乱入して乱闘となる訳ですが、この時こっそり逃げてる影山君がなんとも情けないと言うか・・・・_| ̄|○

※そうそう、それそれ!
そして、ニセモノが変身解除した後に再び“どっちが本物”イベントになる訳ですが、マフラーが黄色いとか目が思いっきりつり上がってるとか言う“一目で見て判る”違いが無い分(“目バリ”も既にどっちか判らん様になってるし)どうなるのかと思いきや、ゴンには一発で分かった模様。
つまり、理屈を越えた“信頼”故って事なんでしょうね。
「俺とお前は永遠に、ひとつの・・・えっと、その」
「相棒?」
「そうそう、それそれ!」
この時の風間とゴン、ホントに息が合っていて、互いに水を得た魚の様に活き活きしています。
結局このエピソードは、2人のやりとりを復活させる為に全てが集約されて行った様な感じですね。
それ自体は構わないし、実際私も観ていてここが一番良いと思いましたからね。
ただ、そうだとしても・・・・そうだからこそもう少し全体に破綻の少ない展開にして欲しかったのも事実なんですよ。

※ルージュと帽子
ゴンがバイトなんてしようと思ったのはやっぱりお客として大介に会う為だったんですな。
そんなゴンに風間がしてあげたメイクは薄いルージュに、そして“帽子”(笑)
一見、このままコンビ復活かなとも思ったんですが、多分2人は今後は基本的に今までの様にベッタリじゃなく、基本はゴンは百合子としての生活を基準に、必要な時に風間と会って・・・みたいなのが理想でしょうね。
つまり“1歩進んだ関係”とでも言うか・・・・って、やっぱ犯罪じゃねえかこのロリ野郎めが!(^^;

※謎のライダー
随分と唐突に登場しましたが、コヤツについては29話でもまだ不明なので現時点ではスルーとしましょう(いや、実際は分かってるんだけどね(^^;)

仮面ライダーカブト ライダーヒーローシリーズK11 仮面ライダーカブト (ハイパーフォーム)
仮面ライダーカブト ライダーヒーローシリーズK11 仮面ライダーカブト (ハイパーフォーム)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なつめ
2006年08月25日 06:49
トンボどこ消えたんだ、と思ってましたが、ちゃんといましたね。ゴンちゃんも相変わらず可愛い♪しかしゴンママ、こんなに長いこと子供いなくなってたら捜索願だせよ!とかちょっと思ってしまいました…。じいやもあいかわらずGJです。
2006年08月25日 20:37
結局指名手配や殺人容疑は晴れたのかとかも描かれてないし、やっぱ“穴だらけ”の話なんですよねぇ(^^;

その分、ゴンを始めとするキャラがカバーしていたのは良かったと思います。
最近はぼっちゃまが凄くいいキャラに育ってきたのが結構意外でしたね(^^)

この記事へのトラックバック

  • カブト28話

    Excerpt: なんだか目が回りそうな展開だった。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-08-25 16:54
  • 仮面ライダーカブト第28話

    Excerpt:  何か凄く久しぶりにカブトを見たような気がします。(笑) Weblog: よろずな独り言 racked: 2006-08-25 23:30
  • 風間 大介(かざま だいすけ)

    Excerpt: いつもありがとうございます。「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダードレイクの資格者、「風間 大介(かざま だいすけ)」.. Weblog: 仮面ライダーカブトのすべて racked: 2007-05-19 14:00