カブト.32

仮面ライダーカブト 32
脚本:米村正二 監督:長石多可男

新聞のテレビ欄に載ったサブタイトルは「解ける謎!!」なんだそうで、確かに物語の大きな謎は明らかにされました。
しかし冷静に見れば、本来なら1クール辺りまでには明らかにされるべき基本設定が漸く分かっただけで、結局は明かされた謎の分だけ更に話が複雑になっちゃった感もあり・・・ウ~ム(^^;

あと、ちょっと今回は私の中で“天道総司”に対する考えと言うか、評価がかなり変化しちゃった回でもありました。
詳しくは本編の感想にて。

では今回のポイント
※本心をぶつける者、本心を隠す者
ひよりを巡って対峙する天道君と加賀美君。
加賀美君は何の前振りもなくイキナリひよりがワームの姿に変わるのを見た為、その衝撃度は大きかったかも知れないけれど、ぼっちゃまの件がある分その捉え方は幾らかは違っている筈。
ただ、この時点では加賀美君は何故ひよりがワームなのかと言う経緯は知らない訳で、ZECTと言う立場から見ればアレが本物の(人間の)日下部ひよりを殺害して擬態した、ただの凶悪なワームである可能性を考慮に入れず(ぼっちゃまの事が頭にあるとは言え)ただ状況だけで“ひよりだから可哀想”と言う感情だけを素直に爆発させてしまってる分、実に加賀美君らしいけども、やはり冷静さを欠いているし、天道君でなくとも“甘い”と言われても仕方ない。

一方ので天道君は、今回のネタバラシを見る限りはひよりがワームの子である事を知っていたけど、それを現実に目の当たりにしたのは前回が初めてだった模様で、故に動揺もしたけど、同じ動揺でも加賀美君とはその質は違う。
その事実を承知した上での決意が後半に描かれたものだった訳で、相手がワームなら“例えひよりでも”倒すと言い放ち加賀美君を殴り付けたのは、多分その“本心”を隠す為の拳。

ま、天道君のげんこつについては、加賀美君に対して“お前になにが分かる”って感情もあったかも知れないけど、それを言うなら加賀美君だってぼっちゃまの件を含めて色々と天道君に対しては“似た思い”がある筈で、自分としてはここで一発その思いを込めて天道君を“殴り返す”位の“熱さ”は見せて欲しかったかな?

※相変わらず暑苦しいヤツだ
同感です(w
ひよりのピンチに“まてい”の声と共に崖の上から出現したり、身体を盾にしてひよりをシャドウの一斉射撃から庇ったりと、相変わらず“正統派ヒーロー”を地で行く大活躍を見せるガタック=加賀美君。
もう、大好き!(笑)

※わが友、カ・ガ~ミン
ぼっちゃま、今回も笑わせていただきました(((^▽^)))

勘違いからとは言え、加賀美君に対する友情の証をキッチリ見せる辺り、育ち方さえアレじゃなければ根は本当に可愛くていいヤツで、案外いい友達になれるかも知れないなぁと思ったり。

それにしても、加賀美君にしてもぼっちゃまにしてもなんであの現場に突然現われたんだろう?

※非情のカブト?
一度ワームの姿になってしまうとそれがスイッチになるのか、目の前に別のワームが立ちはだかったり、後半でシャドウの攻撃を受ける事で感情が高まるとまたもシシーラワームと化すひより。
そんなひよりに、宣言通りライダーキックを打ち込み、爆発させてしまうカブト=天道・・・

ま、案の定一芝居打ったってオチな訳ですが、ちょっと不思議なのはここでシシーラワーム=ひよりと、別のワーム(ホントに気の毒なのはコイツなんだが(笑))を入れ替えたのはどうみてもハイパーカブトらしい事。
つまり、天道君はあの“謎のライダー”が何者なのかとか、自分達にチャチャ入れしてる理由とかを理解していて、あの場でハイパーカブトがああ行動する事を確信していなければあの一芝居は成り立たないんですよね。
ここに先週の天道君の“そうか、アイツは・・・”にかかってくるんでしょうが、更にそこにはもっと物語の根幹に関わるものがありそうです。

地下の男の正体も、関係してそう?  ̄ー ̄)

※ケースの中味
あのケースの中のブツが“ハイパーゼクター”な訳ですが、地下の男の部屋の前でニヤついた後三島さんは何故か・・・?
しかし三島さん、なにがそんなに嬉しいのか(笑)

※明かされる真実
一見解明された様に見えて却ってややこしくなった感のある一連の謎解きですが、ちょっとひとつづつ解析していきましょうか。
★18年前の出来事
天道の両親は18年前にワームに殺害され、その姿に擬態した。
これで分かるのはワームは7年前の渋谷隕石によって齎されたらしいと言う説が根底からひっくり返る事。
渋谷隕石以前にワームが存在したと言うのは、35年前から既にマスクドライダーシステムの開発が始まっていた事や、その時点で加賀美新の名前が記されていた謎と大いに関係がある模様。
どうも「カブト」の物語は複雑なタイムパラドックスが存在している様ですな。

★天道はおばあちゃんの姓
天道君の前の姓は“日下部”であり、両親を亡くした天道君を引取ったのが“おばあちゃん”の姓が天道。
こうなると樹花ちゃんは義理の妹、或いは実は全くの他人と言う事になる訳ですな。
産まれ得なかった(と思っていた)妹の代りに、天道君は樹花ちゃんを本当の妹の様に思って一緒に育ってきたと言ったところでしょうか。

★おばあちゃんは生きていた
で、ある意味今回一番のスクープがそのおばあちゃんが存命だと言う事!
いや、以前からその可能性は高いと思ってましたが、もし画面に登場するならその時が楽しみでしょうがない(笑)
察するに、おばあちゃんと言うのは日下部家と血縁があると言うよりはむしろ全くの他人で、実は樹花ちゃんも本当の自分の孫ではない。
親を失った子供を引取って育てている施設の園長、或いは何かの資産家(それこそ没落しなかったデスカベル家みたいな)と言ったところかな?
私的イメージは「てるてるあした」の“オニバ”って感じ(笑)

★ひよりはワームから産まれた子
天道君の両親が殺害された時、母親の胎内にいた赤ん坊。
ワームは擬態した人間の姿形や総ての記憶、人格、能力等あらゆる情報をを完全にコピーする訳ですが、まさか胎児まで一緒にコピーしちゃうとは正直驚きました。
て事は、その赤ん坊は既に人間の姿に擬態した状態で産まれ、人間として育って来た事になります。
ひより以外にも、同様に自分の正体を知らずに人間として幸せに暮らしてるワームもかなりの数が存在する可能性はありますね。

★7年前の出来事
そうして産まれたひよりを育て、幸せな一家として暮らしていた(?)日下部夫妻(に擬態したワーム)と、14歳の天道君が偶然遭遇したのが7年前の渋谷隕石の日。
ウ~ム、さすがに都合良過ぎる気がするけど、もしかしたらこれも“仕組まれた事”なのかな?(かなり微妙ですが)
天道君が両親を自分の目の前で殺し、その姿を写し取ってのうのうと人間社会で生きてきた日下部夫妻のワームを許せない気持・・・これは理解出来るし、これまでの天道君のワームに対する理念にも合致します。
結果的にあのワーム達は瓦礫の下敷きとなって死に、天道君は彼らを殺さなかったのけど、あの時ひよりの“殺さないで”の声がなければ殺っていたかも知れない。
そして瓦礫の中で助けを求めてるひよりが、自分の本当の妹の文字通りの生まれ変わりだと認識した天道君は、思わず手を差し伸ばしていった言葉が例の“俺が側にいる”

★幾つかの疑問
とまぁここまでが大まかな内容ですが、ちょっと“おや?”な部分もあります。
先ず、日下部夫妻を殺害したワームは何故あの時点で天道君を探し出そうとしなかったのか?
少なくとも画面を見る限りではあの現場を幼年天道が見ていた事は知らない筈で、その親に擬態したのならその直前までの記憶はある筈なので、“居なくなった息子”を探して何食わぬ顔で親のフリをする、或いはその場で殺しちゃう筈で、そのまま放置して別の場所で“日下部夫婦”として暮らしていたと言うのがどうにも理解出来ません。
また、天道君の方も7年前のあの時点で“ワームの自覚がないらしい妹”(それをどこで認識したかも不明ですが)を守る誓いを立てなら、何故その時点で“おばあちゃんの元”に連れて帰り、樹花ちゃんと共に2人の妹として一緒に暮らさなかったのか?(どう考えてもその方が確実かつ安全でしょ?)
そこでポイントになるかも知れないのが、瓦礫の中で日下部夫妻ワームの前に立つ少年天道は既にベルトを巻いている事。
あのベルトがいつ、誰に、どの様に齎されたかに、ここらを解く鍵があるのかも知れません。

※総てはひよりのために
天道君のひよりに対する思いは正直かなり屈折したものだと言えます。
ひより自信に罪がない事は分かっているし、ひよりの心は人間の・・・本来産まれてくるはずだった妹のそれ以外の何者でもない。
だから、その大切な者を守るためならば全世界をも敵に回すと言う決意は、正義や愛、世界のためと言った大義名分を盾にされるよりはよほど分かり易いし、一人間としては共感も出来ます。

しかし、その“たった1人”の為にひより以外の全てのワームと言うならまだしも、場合によっては全人類をも倒す・・・その為に“カブト”になる為の準備を7年間してきたと言うなら、それは愛を通り越してもはや“狂気”でしかありません(てか、それじゃ樹花ちゃんやおばあちゃんすら倒すと言うのかお前は!?)
実際、加賀美君に対して協力するか戦うかの選択を迫る時なんてかなり“危ない人”に見えるし(・・・(^^;)それ自体が既に脅迫です。

これ見るとどうしても「龍騎」の神崎お兄ちゃん思い出しちゃうんですが、神崎兄の場合は彼が全ての主謀者であり、その妹への狂気の愛こそが全ての元凶だった。
しかし、天道君は仮にもヒーロー物の主人公。
天道君の理念は言い換えれば“自分さえ良ければいい”と言う事になってしまう訳で、そういう意味では(少なくとも“ヒーローとしての”)天道君に対する私の評価は直滑降に落ちてしまいました・・・
いや、自分の為に戦うヒーローがダメだって言うんじゃなくて、その戦いの結果が他人やみんなの幸せに繋がる、或いはその逆であって欲しいって言う・・・まぁ、古いヒーロー感にこだわるオジサンの性なのかも知れませんが(^^;

そういう意味では“自分の周り”しか見えてない今の天道君よりも、人類やワームを含めた“世界”に疑問を持ち、大局を見つめ始めてるらしい加賀美君の方がよほどヒーロー的なのかも知れません。

※再びAREA Xへ
“謎の声”に導かれて再びAREA Xへやってきたひより。
シャドウの一斉射撃にまたもワーム化して、シャドウの皆さんを薙ぎ倒しちゃった様ですが、後にカブト&ガタックが到着した際は生きていたみたいなので、鬱陶しいから取り敢えず“のしちゃった”ってところと思われ、ちと安心。

※地下の男の正体
声に誘われるままやってきたひよりが、拘束された男の鉄仮面に触れると、仮面が割れて中から出てきたのは・・・生まれて初めて頬に風が当たっちょう・・・ではなくてなんと天道!?

このもう1人の天道の声がひよりを呼んだのは間違いなさそうですが、その声が何故現行の天道(ああ、ややこしい!(^^;)に届いたのか?
そもそも、このもう1人の天道は誰なのか!?・・・って、イカン日本語が破綻してる!!(^^;

ヒントになるのかは微妙ですが、仮面が割れた時にひよりが地下の方の天道の頬を撫でる時、何故かとても懐かしむ様な、厭うしむ様な表情に見えるんですね。
個人的には考える分もあるのですが、憶測の域を出ないのでちょっと今は控えておきましょう(てか、疲れた(^^;)

※扉の向こう
どうやらアレは“どこでもドア”だった模様(えー!

なんであんな所に飛ばされたのかとか、ひよりともう1人の天道(てか、あの部屋そのもの!)はどこへ消えたのか?
麗奈さんは何か知ってる様ですが、簡単に口を割る人じゃないでしょうから、まだ当分話を別の方面に引張る気らしいですな。

チクショウ白倉め、手の内はバレてるにまだ懲りないのか!(^^;

※三島さんの土左衛門
かと思ったら予告で生きてました(笑)
ひよりが部屋に着いた時は姿が無かった事から、三島さんもAパートのラストシーンの直後に部屋に入ってイキナリここに飛ばされたと考えるのが自然。
・・・・て考えると地下の天道の仕業って事か!?

て事で、結局話が増々ややこしくなって次回へ・・・・(嗚呼、キツイ)

仮面ライダーカブト DXハイパーゼクター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

埴輪
2006年09月16日 18:00
♪悲しみを繰り返し~
天道のおばあちゃんが、施設を造って、孤児を集めて・・・というのを妄想しました。
なんだか、そういうストーリーが何年か前にあったような気がするので。
2006年09月18日 11:05
ハハ、ありそうな気がするところがなんとも(笑)

「カブト」は色々とこれまでの平成ライダーのネタを捩ってる印象はありますね。
それ自体は構わないんですが、もう少し上手くやって欲しいなぁとは思います(^^;

この記事へのトラックバック

  • カブト32話

    Excerpt: 解き明かされる謎と、新たな謎。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-09-16 18:03
  • Masked Rider KABUTO #32

    Excerpt: ひよりがワームだったということから急に物語が進むようになった「カブト」の物語。今回もまたも大きく物語が動きました。(で、劇場版とやっぱり絡めてしまうんですね...)ということで、今回のBGMは「劇場版.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2006-09-18 00:51
  • 仮面ライダーカブト第32話

    Excerpt:  この32話が放送された日曜日,近所の本屋で仮面ライダーカブトの握手&撮影会が行われました。コスチュームの出来は今一つといったところでしたが,カブトを応援する子供達で一杯でした。この日握手会は3回.. Weblog: よろずな独り言 racked: 2006-09-18 23:59