カブト.36

仮面ライダーカブト 36
脚本:米村正二 監督:石田秀範

原稿は早めに書いてたんですが、ADSLが不調でUPが遅れてしまいました。
だもんでまたもや次回分放送済みでの感想です(^^;

結局ネイティブがなんなのかとか、ひよりの居所とかは引張ったまんまで立川は死に、代りにカブトとガッタックの秘密が新たに提示され、更に風呂敷は拡がっていくという・・・
次回はまた本筋とは離れたエピソードみたいだし、最悪今までの平成ライダーの中で一番纏まらない結末になりそうな嫌な予感が・・・・(^^;

取り敢えず、今回のポイント
※立川の赤い目
単純にワームである事を示す演出の様ですが、例えばこれが“人間の味方”と自称するネイティブもワームとしての本性が現出すれば、日下部夫妻を襲った時の様になるという様な事に繋がれば良いとは思うんですが、多分そんな込み入った事はしないんだろうなぁ(^^;

※蓮華の特訓
取り敢えず米を磨ぐ時は爪を切るのは勿論の事、釜で直接洗うのではなく金ザル等で磨いだ後に流水で洗ってから釜にあけて水をはるべし。
その辺りを指導しないとは、天道君も修業が足りん!(笑)

Salleでコケまくりのシーンもよく考えればちょっと謎。
天道君の副官決めレースで、他の隊員や影山君(笑)を出し抜く程の俊敏性を持ってる筈なのに、なんであんなドジっぷりなのか?

そういえば、弓子さんは久々の登場なのに“あの扱い”なのか!?(^^;

※友達の友達は友達
ぼっちゃまはイイヤツだ(笑)

ワームは触れ合う事で互いに正体を知る力があるのかな?(ここらは微妙、立川もしくはネイティブの力ともとれる)
ただ立川の態度を見る限り、ぼっちゃまもネイティブの種族の成体ワームなのかなという推測は無くなる可能性が高い。
あのシーンで分かるのはそれ位かな?

※ぼっちゃまVSサソード
ぼっちゃまとサソードの対決よりも、むしろディスカリバーが折れた事の方がショックかも(少なくともぼっちゃまにとってはね(^^;)
しかし、立川の“クロックアップ活用法”はある意味最も有効な使用法かもな(逃げる!・・・って(^^;)

※ワームは渋谷隕石以前から・・・
この事実が劇中でセリフとして出てきたのは実はここの天道君と加賀美君との会話が初めて(・・・だと思う(^^;)
しかし、天道君が言う様に18年前のネイティブ種のワームは事実として日下部夫妻を殺害している。
そのクセ“我々は”人間の味方とか、争いを好まないとか言われてもなにか釈然としない。
そして、いくらひよりの件が絡んでるとは言え、目の前で両親を殺されてる天道君がそのネイティブである立川に疑いの目を向けないのはもっと釈然としない。

※踊る加賀美パパ
カブトとガタックに仕掛けられた暴走スイッチを“赤い靴”に例えて話す加賀美パパ。
例によって要領を得ない例え話連発で天道君でなくともイラつきそうなものですが、私らの視点だと妙にカワイイと言うか、憎めないんだよなぁ(笑)
しかもなんだか楽しそうに踊っちゃってるし、第一なにがそんなに嬉しいのやらwww

※イモの煮っころがし→イモの2個こがし
どう聞けばそんな間違い方出来るんだ(^^;
ちゅうか、蓮華にそんな宿題出すならせめてその料理が”どういう物か”ぐらいは教えろよ天道も(笑)

それ以上に、ぼっちゃまの味覚もなんだか怪しくなってきたぞ!
いや、案外あの料理もああ見えて実は結構美味いとか(ナイナイ!(笑))

ちゅうか、ぼっちゃまホントに単なるお笑い要員になってる気がするんですが・・・(^^;

※人間とはなんと脆いものでしょう・・・
立川のこの言葉に、ネイティブが人間に近くいようとする真意が隠れてるかも知れません。
ネイティブは多分他のワームよりも非力な存在で、人間はそれよりもっと脆い存在。
最初こそ他のワーム同様に人間を襲っていたけども、次第にその事に気づき、やがて人間の中に隠れて平和に生きる事を望む様になった・・・と、そんなところかな?
随分手前勝手な理屈だとは思いますが・・・(^^;

※ガタックに選ばれし加賀美新、カブトに選ばれし日下部総司
天道君の事に関しては今回初登場なれど、加賀美君に関する事は以前AREA Xの地下で燃えてしまった35年前のファイルに書かれてた事。
立川がそれを知っていたと言う事は、ワームやネイティブ、或いは立川自身が重要な部分に関わっている。
または立川ないしネイティブにも時を越える力がある、だからひよりの居所を知っている・・・と思ったけど、それなら襲われたら時空の狭間に逃げればいいわけだからそれは無いか・・・

※赤い靴発動
また都合よいタイミングで暴走したもんだ・・・なんて言ったら意地悪ですか?(^^;
あの苦しむ様子や後の加賀美君との会話から察するに、暴走している間は資格者の意識は完全にライダーシステムに支配されてしまう様で、ワームを滅ぼすまで止まらない・・・ま、一種のバーサーカーみたいになるって事ですか?
少なくとも今回はガタックの方は正常だったのでカブトを止める事が出来たし、それが今回のラストにも繋がる事になるのですが、じゃあカブトとガタックが同時に暴走したらどうなるとか、他のライダーにも本当は仕込まれていて、ぼっちゃまが時々暴走するのは実はそれが原因とか、色々と別の疑念が沸いたりもしますね。

※パパはなんでも知っている
加賀美パパがベルトやゼクターの設計図と思わしき物を燃やしてたのは、恐らくは暴走を制御する方法とかを洩らさないためでしょうが、そこには単にワームを滅ぼす以外にももっと別の目的がありそうにも思えます。
その鍵となるのが、天道君の父親(或いは母親、もしくは両方)であろう“日下部君”
つまり、物語の中核には日下部夫妻と加賀美パパが密接に関わってると言う証なのでしょう・・・多分。
そして、ホッパーも多分当時のライダー計画の頃から存在していた気配があり、パパはそれをも知っていたらしい事も、それらを証明しています。

※やさぐれ兄弟(笑)
矢車はグレちゃった大人という感じだけど、影山君はなんか“イッちゃてる”と言うか、なんか狂気はらんじゃってますねぇ(^^;
どっちにしても、元のキャラからすればエライ変貌ぶりだ。

カブトもガタックも既にヘロヘロ状態だったとは言え、キックホッパーとパンチホッパーの戦闘能力は確かに強力な模様です。
ただ、2人とも結局何がしたかったのかがイマイチよく分からないんですよね。
前回あれだけ大量に元仲間のシャドウの隊員をあの世送りにしておきながら、天道君や加賀美君にトドメを刺す訳ではなさそうだし、さりとて立川を狙ってる訳でもないらしい。
何が目的でカブトとガタックをタコ殴りにしたのか、何の為に出てきたかがどうにも分かり辛いです。

もしかして、単なる“腹いせ”か?(え

※立川からひよりの居場所を聞出さないと
んと・・・つまり結局はひよりの事最優先で、立川自身に対してはそれ以上の存在ではないともとれるのですが(^^;

※皆既日食を捜せ
謎の言葉を残して結局は殺されちゃった立川。
ひよりは皆既日食のある(あった)時間と場所に飛ばされたと、ここは多分言葉通りにとればいいとは思いますが、具体的には謎のまま。
この期に及んでなんでそんなに引張るのやら・・・

まてよ、日食の日と言うと“南光太郎”と“秋月信彦”の産まれた日じゃなかったか!?
そうか、ZECTはゴルゴムとも繋がってたのか!(違

この時、ハイパークロックアップ使うのならなんで時間を巻き戻して立川助けなかったんだって突っ込みも方々で見られましたが、確かにそうなんですよね(^^;
いや、まだそれだけ使いこなせてないとか色々と理由づけは出来るんですが、下手に初登場時にガタックを助けちゃってるから説得力が出ない。
ここらの構成にはもう少し統一感を持たせてほしいとは私も思います。

※腹が減ったな・・・
カブトが暴走した時はガタックが、ガタックが暴走した時はカブトが・・・互いが互いを倒して暴走を止めると言うのは、天道君が加賀美君を自分と同等、或いは有一無二の存在と認めたからであり、差し伸ばした手はその証し。
ここで加賀美君がその手を掴まなかった事には、多分沢山の意味が含まれていると思います。
ラストのセリフからすれば、加賀美君自身はまだ暴走スイッチに関しては半信半疑な部分が伺え、そういった不確かな事には同意出来ないって意思表示。
最初の頃は天道君に頼らざるを得なかった加賀美君が、もうその手を借りなくとも1人で立てる様になった事の改めての提示。
或いは、物語開始当初からの2人の立ち位置が、実は微妙に逆転し始めてる暗示・・・等々。

勿論“アチラ的なネタ”的意味も含まれてる模様(笑)

※スーパーヒーロータイム
ズバーンが等の「ボウケン」の劇中より不思議に馴染んでる気がするのは何故だ?(笑)

てな訳で、次回・・・

仮面ライダーカブト キャストオフライダー8 仮面ライダーキックホッパー&仮面ライダーパンチホッパーセット
仮面ライダーカブト キャストオフライダー8 仮面ライダーキックホッパー&仮面ライダーパンチホッパーセット

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なつめ
2006年10月15日 19:27
こんばんは~。夏の間じゅう仕事に忙殺で死にかけてましたが、ようやく特撮もリアルタイムで見られるぐらいに復活してきました。今週もヤサ車くんとダーク影山兄弟がヘンな煽りで入ってますが、ホッパーのアクションは好きです。カコイイ♪どんなにやさぐれでも!
2006年10月15日 21:45
働くお母さんは色々大変でしょう、御苦労様です(^^)

ホッパー兄弟は今のところ目的がよく分からないんですが、変身後のアクションはカッコイイですよね。
矢車、影山のやさぐれ、うらぶれ具合が実によく出ていますよ(笑)

この記事へのトラックバック

  • Masked Rider KABUTO #36

    Excerpt: 今回は久しぶりのキャラが登場。ということで、新キャラが続々登場したが、完全に人員整理はされていなかったんですね。で、BGMは今後のキーワードとなる「皆既日食」から、PINK FLOYDの「狂気日食」(.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2006-10-15 18:34
  • 仮面ライダーカブト第36話

    Excerpt:  今,日本代表 対 Indiaを見ながら書いています。勝ってはいるものの,何とも・・・。この試合の感想は明日以降にしたいと思います。 Weblog: よろずな独り言 racked: 2006-10-15 23:17
  • カブト36話

    Excerpt: ちょっと話がこじれてきた。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-10-18 18:02
  • 加賀美 新(かがみ あらた)

    Excerpt: いつもありがとうございます。「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。もう一人の主人公というべき重要人物、「加賀美 新(かがみ あらた.. Weblog: 仮面ライダーカブトのすべて racked: 2007-05-07 12:05