カブト.40

仮面ライダーカブト 40
脚本:井上敏樹 監督:田崎竜太

うん、今回は中々良かったと素直に思う。
本筋とは敢えて離れた部分で、風間大介と間宮麗奈に集中的にスポットを当てた事が効を奏した感じですね。

「アギト」の木野さんとか「龍騎」の佐野とか、或いは「555」の結花とか・・・
この時期に井上敏樹が手掛けたレギュラーメンバーが散っていく話はみんな印象的なのが多いですね。
今回は麗奈さんの最期だった訳ですが、彼女のキャラクターをああいう風に昇華させる辺りは井上敏樹の手腕と言って良いでしょう。

では今回のポイント
※カブトVSダークカブト
力は恐らく互角、互いにライダーキックを繰り出してカブトが競り負けたのは、鉄仮面天道の方がワーム(但しまだ未確定)な分、本来の天道の能力を更に増幅した、或いはダークカブト自体がより強力だった・・・
ま、憶測の域は出ませんが。

吹き飛ばされたカブトが時空を越えて元の世界に戻ってきたのは元のルートを通ったから?
だとすれば同じルートを辿ればひよりのところへ行けそうにも思うけど、そこまでハイパーゼクターを使いこなせていない、または“そこまで細かく考えていない”ってところか?
・・・・多分後者なんだろうな(^^;

※瞳の奥に闇が見える・・・
今週は“やさぐれ兄弟”が沸いて出ました(笑)
影山君は麗奈の事を“人間に戻った”なんて言ってますが、ワームは人間に擬態してる訳だから本体はあくまでワーム体の方だからこの言い方は実はおかしい・・・と、重箱の角を突ついてみるw
それはともかく、やっぱりこの2人は何がやりたいのかとか、なんの目的で動いてるのかがさっぱり判りません。
このままドラマを引っ掻き回していく“だけ”の役回りで終わっちゃいそうな気が・・・(^^;

キックホッパー=やさ車が麗奈の瞳の奥に見た“闇”って言うのは多分後のシーンにある彼女の過去にあるんでしょうが、だからって“俺と同じ地獄を見た”って、結局この人なんだかんだで“お仲間”が欲しいだけなんじゃないのか?(だったら巻き込まれた影山君は可哀想かも(^^;)

※ナイスだ、ゴン!
小学生の女の子に消化器で撃退されるとは、形無しだなやさぐれ兄弟(笑)
・・・・てか、どこから持ってきたんだあの消化器(やっぱ神社のどこかから勝手に拝借したのか!?(^^;)

※まさか間宮麗奈に惚れたんじゃないよね?
えと・・・これはやっぱ影山君のジェラシーだと?
つまり“ソチラのネタ”だと思っていいんだよね?(^^;

※擬態した俺
公式にもそういう設定になってる模様ですが、天道君は何故そう断言してるかはちょっと疑問。
元々あれが地下牢に繋がれてた鉄仮面だと言う事は天道君は知らない筈・・・てか、あの鉄仮面の存在自体を知る前にAREA Xから出てきたんじゃなかったか?(ここいらちょっと記憶が曖昧、ゴメン)
ちゅうか、言ってる天道君の方がぼっちゃまやひより同様に気づいてないだけで、擬態である可能性も無いとは言えない。
ひょっとしたら7年前の“あの時”に、そう確信する出来事があったののかも知れませんが・・・

※愛のキューピットだ!
もうぼっちゃまが何をやっても驚かなくなってきたぞ!(笑)
て言うか、ぼっちゃま本気でイイヤツだよな!
それだけに真実を知った時(実は芝居だって事も、自分の正体も)どうなるかが物凄く不安ではある。
本気で死んで欲しくなくなってきた・・・

※心の声に・・・
逃走途中でウカワームの意識が甦って風間をのしちゃった後、再び人間として意識が戻る麗奈。
ワーム体でいる時の記憶が無い辺りはやはりぼっちゃまと同じ様ですが、麗奈が子供の頃は人間が恐かった(多分これがやさ車が見た心の闇の正体)と言ってる辺り、案外“黒レナ”はこの闇の部分にウカワームの意識が作用しているだけで、実は擬態したワームは案外みんな身も心もその人間になってしまってるんじゃないかと、ふと思いました。
麗奈が言った“もう1人の私”と言うのは、ウカワームと言うよりは心の底に潜む自分の心の陰の部分。
どちらも自分自身であるなら、必ず陽の心が届く筈・・・そんな意味合いなのかなと。

※ガンバレ、ヒヨリ
オウムのこの言葉に、このオウム相手に1人で頑張ってたひよりの孤独に思いを馳せ、改めて(約束したのに)“自分がずっと側にいた訳じゃない”事に苦しむ天道君。
・・・なんだけど、やっぱり1話見る限りじゃあれが初対面に見えるんだよな(^^;
ひよりの設定については最初から決まっていたと言う事ですが、ならばもっとそういう伏線を張っておいても良かったと思うんですよね(それが無かったから天道君絡みのこのテのシーンが取って付けたみたく感じちゃうのかと)

しかし、ひよりがあのオウムに“とんでもない言葉”とか教えてなくて良かったな(笑)

※大切な人がワームだった、ただそれだけの事だ
風間のこの言葉はさすがに天道君の胸にも直接響いたんでしょうね。
ひよりの事があるから、風間の気持は痛い程よく分かる・・・
“バカなヤツだ”は案外自分自身に向けて言ってるようにも思えます。

※あなたは私が守ってみせます
ホントに何がやりたいんだか増々分からん様になってきたぞ、やさ車(笑)
麗奈を逃がして満足そうな笑み洩らしてる姿に対する影山君の態度は嫉妬に燃えてる“本妻さん”みたいに見える・・・(てか、やっぱ狙ってるんだろうなぁ(^^;)

※逃げて!
前回ネタ振りしてた“嫌女”は、あの嫉妬に狂った醜い姿が麗奈の陰の心に作用し、結果としてウカワームを呼び覚ます切っ掛けとなった訳ですが、もうちょっと井上キャラらしい剥き出しの嫌キャラぶり見せてくれてもよかった様な(笑)
彼女が殺されなかったのは、ギリギリで善の方の麗奈の心が勝っていたからでしょうが、あそこで殺っちゃったらその時点で否応無しにワームとして倒さなきゃならなる・・・仮にその直後に元の意識が戻っても、麗奈自身が罪の意識に苛まれてより悲劇的な方向に流れかねない。
ここは救いを残すと同時に、ドラマの展開を優先した点で、いい意味で井上脚本らしいなと。

※俺が側にいるから
ウカワームの意識が支配した黒麗奈、ただ気のせいかこの時の麗奈は風間の言葉に対し“バカな”と言いながらも若干心の奥での迷いが生じてる風に受け取れます(この辺りの微妙な演技は三輪ひとみさんグッジョブです(^^))
風間の言った善の麗奈の言葉がその心の奥底に届いたから、再び戻ってこれたのかと・・・

“俺が側にいる”は天道君だけでなく、この番組を象徴するキーワードとなった感がありますね。

※消し飛ぶ矢車
「この人は俺が守る」
バキ!
「うわぁあぁ~~~!」

爆笑!(((^▽^)))

※おかえり、ただいま
結局この回この2人は“ネタ”の提供のためにだけ出てきたのか(笑)

※鎮魂歌
麗奈がメイク室で自分が次にウカワームに意識を支配されたらもう戻れないと言ったのは、裏を返せばあの時の麗奈は既に“もう1人の自分”を自覚していた証拠ではないでしょうか?
だからこそ、そうなった時に風間の手で葬ってくれる事を願った。
そしてワームの意識が完全に戻った後の麗奈も、風間の言うように実は人間としての心を自覚していたのでしょう。
そして自らの言葉通り、風間に討たれる為に“ウカワームとして”全力で戦いを挑んでいったと・・・
ゴンを襲う素振りを見せたのも、迷いを断ち切れない風間に決意させる為なのでしょう。

まだ人としての意識が残る内に、“風間1人にだけ”聴かせる為に歌う麗奈。
それが奇しくも初対面の時に言った“鎮魂歌(レクイエム)”ってのは、皮肉であると同時に最大の愛の証でもある訳で・・・
嗚呼、やっぱこういう盛り上げ方は上手いよ、トシキ(^^;

※野暮な事はやめておけ
風間と麗奈の、2人だけの決着を邪魔させない為に、ザリガニワームの前に立ちはだかる天道君、それは“同じ気持を持つ者”としての、“同じバカなヤツ”としての手向けなんでしょうね。
そう言えば風間がゴンと一度別れた時のあの回も天道君はサポートに徹してたけど、天道君は自分が一番だと言いながらも“男として”“人として”余計なところで出しゃばったりは決してしないですよね。
うん、こういう“男っぽい”シュチュエーションも確かに井上節だよな。

※不思議だ、何故私は・・・
死闘の果て、意を決したドレイクの2段撃ちライダーシューティングの前に倒れるウカワーム。
ここ、演出的には凝ってて良かったと評するところが多かったし私も確かにそう思うけど、画面に向かって“お前殺る気マンマンじゃねーか”と突っ込んだ私はどうせ捻くれてますとも(笑)

今際の際の麗奈の言葉の意味は色々なものが含まれているのでしょう。
何故こうも穏やかな気持なのか、何故風間の腕に抱かれてて幸せな気持なのか・・・
人間の気持が理解できないと言っていた彼女は、ワームとしての記憶を一度失って人間の心に支配され、風間と触れ合い、もう一度ワームとしての自分に戻った時、恐らく初めてその気持を理解する事が出来たのでしょう。
少なくとも、散ってゆく時の彼女は幸せだった筈・・・

※スーパーヒーロータイム
内容はともかく“あの組み合わせ”は(((^▽^)))

仮面ライダーカブト 変身銃 ドレイクゼクター
仮面ライダーカブト 変身銃 ドレイクゼクター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月19日 19:57
 やさぐれ兄弟はね、冬コミケに向かって精進している同人腐女子に対する宿題というかテーマの提示ではないでしょうか。ほら、夏休みの課題図書のような。
2006年11月20日 00:27
なるほど、納得(って、何がだ(^^;)
しかも“二号さん”まで出来て増々波瀾を呼ぶ予感が(笑)

この記事へのトラックバック

  • カブト40話

    Excerpt: 一週休みのあとの再開。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-11-19 17:42
  • 仮面ライダーカブト第40話

    Excerpt:  今日は,長女の健康診断だったので私が立ち会いました。といっても,通常のものではなく,来年4月の小学校入学に備えてのものでした。早いもので,長女ももうすぐ小学生なんだなぁ,と感慨深いものがありました。.. Weblog: よろずな独り言 racked: 2006-11-24 00:24
  • 仮面ライダーカブト【スーパー ムービーズ@youtube アニメ】

    Excerpt: こどもと一緒に見ているうちに、カブト中毒気味です。仮面ライダーカブト 第33話 CUT Weblog: スーパー ムービーズ@youtube アニメ【youtube アニメ etc スーパー ムービーズ】 racked: 2006-12-01 07:44
  • デンライナー(2ちゃんねる情報) 【仮面ライダー電王情報局】

    Excerpt: 仮面ライダー電王のデンライナーの情報が入ってきました。デンライナーは異空間を移動するものだそうです。電車タイプで今判明しているのは8両までです。(2ちゃんねるの情報なので本当かどうか分かりません)1~.. Weblog: 仮面ライダー電王情報局 racked: 2006-12-14 22:27