カブト.42

仮面ライダーカブト 42
脚本:米村正二 監督:石田秀範

前回分で謎解き的部分は全て詰め込んだ分、今回はドラマを重点的に追えた様で、米村脚本の本来の良さも出ていて良かったです。

ふと振り返ってみると前の麗奈さんと風間の回も、謎解きやら大風呂敷やらとは直接関係しない話で、2人のドラマに徹したからこそ印象に残る回になったと思うし、井上脚本の良い部分も生かせたんだと思うんですよね。
1年間番組を続ける中で、骨子となる大きな筋は必要だとは思いますが、必要以上の謎やら大風呂敷拡げるは本当にそろそろ考え直した方がいい気がしています。
幹になるものはシンプル且つシッカリ作っておいて、謎解き等は必要最低限にとどめ、キャラクターと物語を深く追っていく様なものがそろそろ求められてるんじゃないでしょうか?

いや、前半「響鬼」はそういうものを目指そうとしていたと思うし、最近の「メビウス」にもそういう傾向が見られ、更にカタチや方向性は全く違うけど「セイザーX」なんかはその好例だよなと、ちょっと思っちゃったんで(^^;
「牙狼」にしても、ビジュアル先行の傾向のある雨宮作品には珍しく(失礼(^^;)ドラマ部分がしっかりしていたからこそ“意外な収穫”になり得たと思うしね。
他作品が各々のカラーを打ち出して来てる中、やはり「ライダー」にも頑張って欲しいんですよ。

では今回のポイント
※時は私のためだけに流れているのだ
フリーズ能力でハイパーフォーム解除→水落ち
と、例によって例のパターンで負けちゃうカブトですが、このパターンになると何故か相手はトドメ刺さないで捨てゼリフ吐いて行っちゃうんですよね(^^;
今回も正にそのパターンで、“カッシスワーム=乃木怜治”は何故かカッコつけてこう言いながら去って行き、私も律儀にTVの前でトドメ刺せよ突っ込むハメになると(笑)
まぁ、本当にトドメ刺したら番組終わっちゃますが(w

※田所さん拉致
冒頭の展開がイマイチよく分からない。
時系列的に考えればあれは前回からの続きで、ブチ切れて加賀美君が帰ってしまって岬さんが追って行った後でカブトが敗れ、残った田所さんが1人奮闘しようとしたところ逆に他のネイティブの皆さんと共に拉致られた・・・とこれはまぁ良しとしましょう。

分からんのはあの地面に倒れてたのが皆“ネイティブ”って事で、前回乃木怜治達の一団の接近で中止しようとした作戦はアンチミミック弾で人込みの中からワームをあぶり出して一掃しようと言うものだった筈で、決行前にネイティブはエリアから逃がされてるのではなかったか?
まぁ、前回の冒頭みたいに夜逃げ紛いに匿われてたのを引きずり出されたのかも知れませんが、その辺の描写とか説明がないから凄い唐突な感じしちゃいました(^^;

※交換条件
アンチミミック弾を差し出す事を条件に田所さん達ネイティブを人質にとった乃木怜治・・・なんですが、よく考えればここもかなり妙な話。
ネイティブがワームにとって邪魔な存在であるならば問答無用で消せば済む話だし、むしろ人間を人質にとった方が効果的な筈。

更に言えば、ワームがアンチミミック弾を手に入れて何をしようと言うのかもちょっと謎。
いや、単純に3発しか完成してない最後の1発を手に入れとけば当面の保険は利くと思ったのかも知れないけど、データはZECT側にあるんだから改良型を量産されたらアウトな訳で、だったらデータも一緒に要求するか研究施設を破壊した方が早いと思うんですが(^^;

加賀美パパに指令下したあの黒づくめ3人組も如何にも怪しい感じだし、もし人質が人間なら連中は要求に応じなかったかも知れないから、そこらのストーリーを成立させるためにネイティブを人質にしたのかな?
どっちにしてもネイティブが“友人達”って事自体がどうにも疑わしい気がするんですがねぇ・・・

※豆腐対決再び
地獄兄弟絡みは突っ込み様に困る日々が続く今日この頃(^^;
取り敢えず地獄でも前向きなぼっちゃまはなんでマジシャンなんだと(笑)

天道と矢車、豆腐対決再燃かと思いきや“売り切れなんだよねぇ~(^▽^)”で不発・・・
結局このシーンは久々登場の豆腐屋のおっちゃんの1人勝ちってことでいいでのかな?(笑)

※困った人達だ
地獄3兄弟の向かう先には矢車が利用してた豆腐屋が・・・って事で、後半天道君があの場に現れる伏線になってる訳ですが、その為の“噛ませ犬”で3兄弟共カッシスワームにほぼ舜殺で、3人とも“廃物”扱い
・・・(^▽^;
んで、ぼっちゃまは早くも3兄弟から脱落ですか?

確かに困った人達だ・・・(w

※父の投げたボール
ワームとの交渉役を断っちゃう加賀美君。
いつもの事ながらもあんなにキレなくてもいいだろうとは思うのですが、あれはネイティブに対する反発と言うよりは、ネイティブに転がされてる父親に対する反発であり、その息子である自分自身への憤りが先立ってるからなんでしょう(勿論目の前の三島さんに直接ムカついてる事もあるだろうけど)

で、その腹いせ(?)にやってるのがピッチングって辺りが如何にも野球少年、と言うよりは熱血バカ系キャラな加賀美君らしいんですが、投げ込んでる内に今までの田所さんとの時間が甦ってくるのは、加賀美君自身がネイティブであろうがなかろうが“田所修一”と言う人間を信じてる証しでもあり、恐らくはネイティブの存在自体を否定してる訳ではない。
そこには多分ぼっちゃまやマコト君、そしてひよりの事がベースになっている部分があるのでしょう。

で、そんな加賀美君の性格とかをちゃんと把握してる天道君だからこそ、目先の感情が先立ってパパの本意が見えていない“バカ”さ加減に気づかせてやる事ができる訳で、そこには天道君自身が父親との思いでらしいものがない事・・・言い換えれば、反発できる親がいる加賀美君に対するある種の羨ましさみたいなものもあるかも知れません。
このシーン、なんか久々に米村脚本“らしさ”が出ていて良かったです。

そうそう、豆腐入りのボウル左手に持ったまま右手だけで加賀美君の投球打ち返す天道君は何げに凄い!・・・ってのもやっぱ突っ込んどくべきかな?(笑)
ちゅうか、もしかして野球のボールと料理のボウルとかけてるんだろうか!?(まさかね(^^;)

※豆腐は豆腐
そうそう、豆腐はやっぱ醤油かけて冷奴が一番だよねってシーン(笑)
“トゥー・フゥー”に砂糖をかけちゃうぼっちゃまに、岬さんの中に姉さんの幻影を見て、岬裕月と言う1人の女性として見ていない・・・つまりその人の本質を見ていないから心を開いてくれないのだと言う事を、シンプルな冷奴に例えて説く天道君。
このシーンを含め、今回の天道君は一時期の暴走してた頃に比べると初期の頃の彼にかなり近いと言うか、むしろこれこそ本来の天道総司だろうって感じに戻ってる気がします。
やっぱ前回山に昇って悟りでも開いたのかな?(^^;

※曇りの無い目で
その天道君の言葉どおり、今後はミサキーヌをミサキーヌとして見る事を伝えに来たぼっちゃまの言葉に、田所さんは田所さんである事を改めて認識した岬さんはこの時点で迷いを吹っ切った様ですが、その態度をぼっちゃまはどうやら都合良く誤解している模様・・・(^▽^;
ちゅうか、なんでマジックやってんだよ(wwww

※力を合わせて
一転して交渉役を引き受ける決意をした加賀美君。
天道にケツ叩かれたって部分もあるだろうけど、それ以上に“親父”が交換条件を呑まず、且つ人質救出もワーム掃討も同時にこなしてくれる事を託した息子への“信頼”を加賀美君なりに受け止めたからなんでしょう(相変わらず三島さんとは一触即発犬猿の仲みたいですが・・・(^^;)

そして、1人で向かおうとする加賀美君に危険を顧みずに同行を申し出る岬さんと蓮華。
岬さんはネイティブだろうがなんであろうが、これまでもずっとチームを組んでその危険の中を共に戦って来た田所さんへの信頼から、そして蓮華も同じZECTの仲間として見捨てておけないと言う思いから・・・
なんとまぁ“豆腐は豆腐”と言う天道君の言葉が一貫して貫いてるじゃないですか(^^;

※救出作戦
あっさり引き渡すかと思ったアンチミミック弾のケースには蓮華のワイヤーが繋がてて・・・って辺りはベタながらも蓮華のスキルを上手く生かした作戦でいいと思います。
ただ、相手が“時間止めちゃう=マトモに戦っても勝ち目のない相手”ってのが判ってるのに闇雲にぶつかって行くのは、幾ら加賀美君らしいとは言えやっぱり考えなさ過ぎ。
案の定返り討ちに遭っちゃってピンチのところを田所さんの援護射撃=信頼復活って展開に繋げるためなのは分かるんですが、それ差し引いてもやっぱツメ甘いよ(^^;

※俺は豆腐を買いに来ただけだ
ボウル片手にやって来てそう宣う天道君ですが、ちゃっかり助けに来ちゃってます。
尤も、自分で言ってるみたいに乃木に対するリターンマッチの意味もあるんでしょうが、こう言うシュチュエーションも本来の天童君らしい感じですね。

時間を止める相手にどう戦うのかと思ったら何の事はなく、止められる前にホーミング攻撃を仕掛けてロックオンしておけば、例え自分が攻撃を受けても再び時間が流れた時には仕掛けたこちらの攻撃が確実にHITすると言う訳ですか。
つまり“策士なんとやら”にマンマとジハマッてしまった乃木=カッシスワームは、トドメの“マキシマムハイパーサイクロン”で他のワームの群れと共に一掃・・・された筈なんだが(^^;

※正しいと信じた事を
前回では感情の昂りの余り振りほどいてしまった、田所さんの差し出した手を今度はしっかり掴む加賀美君。
それは加賀美君もまた、例えその正体がなんであろうとも今までチームを組んで共に戦ってきた田所さんに対する信頼は揺るぎない事の証しであり、それが“正しいと信じた事をやれ”と言う田所さんの言葉を実践しただけと言う言葉に表れています。
田所チームの絆は、決して切れる事はないって事ですね(^^)

※作戦終了
最後の1発だったアンチミミック弾は、結局あの場を切り抜けるために使われて無くなってしまった訳ですが、戦術的には不可抗力的部分もあったために三島さんも作戦成功を告げるを得ない。
多分ハラの中は相当に煮えくり返ってた事でしょう・・・(^▽^;

※何か忘れてる様な・・・
嗚呼、ホントにもう湯豆腐が恋しい季節だ代なぁ・・・
そんな中でやさぐれ兄弟は忘れ去られてしまいましたとさ(笑)

※パパとキャッチボール
加賀美君とパパとのキャッチボールシーンは、言うまでもなく今回の“父親の投げたボールを受け取る”と言ったテーマを象徴としてビジュアル的に表したものでしょう。
パパの手のミットに“加賀美新”の名前が書かれてるところを見ると、多分アレは昔パパが子供の頃の加賀美君に買ってあげた物かも知れません。
そして多分、そのミットを使ってた頃はパパといつもキャッチボールをしていたのだろうなと言う事が想像されます。
あの親子にとってあれは何年ぶりのキャッチボールだったのか?、これからも続けて行く事の出来るキャッチボールなのか?

うん、このシーンも米村脚本の良さが出た、とても詩的なシーンでした。

※暗雲
倒したと思ったら強化されて復活しちゃう乃木=カッシスワーム、あんたはクロコダイルオルフェノクかと突っ込んでみる(^^;

そして、時空を越えて表れたダークカブト=鉄仮面天道、波瀾を予感させつつ次回。

鯖味噌で体力全快・・・って、どんなゲームや!(笑)
仮面ライダーカブト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カブト42話

    Excerpt: なんだか、主役が誰かわからなくなりそうだ。 Weblog: 埴輪の寝言 racked: 2006-12-03 17:18
  • 仮面ライダーカブト

    Excerpt: 仮面ライダーカブト ps2 ゲーム 攻略 ネタバレ 画像 wiki dvd 動画 映画 劇場版 イベント バンダイ god speed love 壁紙 主題歌 youtube 感想 2ch 掲示板.. Weblog: 今、話題のキーワード racked: 2006-12-04 08:30
  • 仮面ライダーカブト第42話

    Excerpt:  昨日のJリーグ,我らが鹿島アントラーズは後半ロスタイムに失点して敗戦。何だかなぁ? Weblog: よろずな独り言 racked: 2006-12-04 21:06
  • 仮面ライダー カブト ps 2 ゲーム

    Excerpt: 仮面ライダー カブト ps 2仮面ライダーカブトのアクションゲームです。PS2です。キャストオフやクロックアップなど、劇中のアクションを再現できます。隠しキャラもいろいろあって、やりこみプレイも楽しめ.. Weblog: 仮面ライダーカブトのすべて カメンをかぶったヒーロー達 racked: 2007-04-02 09:09
  • 仮面ライダーカブト劇場版GOD SPEED LOVE

    Excerpt: 「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダーカブト劇場版「GOD SPEED LOVE」(カメンライダーカブト ゴッド スピ.. Weblog: 仮面ライダーカブトのすべて カメンをかぶったヒーロー達 racked: 2007-04-14 11:47
  • DVD 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

    Excerpt: いつもありがとうございます。「仮面ライダーカブトのすべて 仮面ライダーカブトのブログ」管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダーカブトの劇場版「God Speed Love」のDV.. Weblog: 仮面ライダーカブトのすべて カメンをかぶったヒーロー達 racked: 2007-04-26 15:47