電王.第15話

仮面ライダー電王
第15話「銭湯(バス)ジャック・パニック」脚本:米村正二 監督:石田秀範

石田秀範が最初から最後までクライマックス(笑)
もう、今回はぐだぐだ知った様な解析とか考察とかは殆ど無意味です。
とにかく目の前で起きてる“石田ワールド”を堪能しろって回ですな!(^▽^)

・・・・けど、それって実は物凄ぇレビューし辛いんですが(泣笑)

では今回のポイント

※僕の自転車返してぇ~
毎度ついてない良太郎君、今週は自転車を盗まれるところから不運が始まる訳ですが、向こうは何度もぶつかったり転んだりしてるとは言えよくも走って逃げてる自転車に追いつけるもんだ(笑)
しかも、最初降っていた雨がいつのまにか止んで、ピーカンに晴れちゃう位の時間経過の中をずっと追いかけていた訳で、なにげに凄い体力かも・・・
モモ達に憑かれてイマジン達と戦ってきた中で、自分も気付かない間に本当に鍛えられたのか?(^^;

※自称凶悪強盗犯
まぁ、本当に“自称”だった訳ですが、その展開自体は割とオーソドックスなもので、私が中学時代に演劇部で似た様な題材のものを文化祭でやったのを思い出しましたよ(タイトルとか細かい内容とかは忘れちゃったけど、私の役はズバリオモチャの拳銃持った自称強盗犯(^^;)
その自称強盗犯の榎木が立て籠った銭湯の従業員が今回のメインゲストの袴田さん。
演じる大柴隼人さんは「メガレンジャー」のメガレッドだそうです・・・が、スンマセン私「メガレン」観てなかったんで“だそうです”としか言えません(^^;

※営業前なら女風呂も堂々と覗けます・・・
で、毎度のごとくなりゆき上巻き込まれてしまった良太郎は、篭城場所となった銭湯に袴田共々人質にされてしまう訳ですが、この週は「ゲキレンジャー」も銭湯ネタだったし、聞けば他にも朝の時間帯のアニメにもお風呂ネタが重なったそうで、一体どういう偶然なのか?(^^;
「ゲキ」の方と「電王」の方の銭湯は別のものみたいだから、ロケ地を共用して予算を削ったとか言う訳でもなさそうだし・・・増々謎だ。

立て籠った銭湯はまだ営業開始前で、他の客がいなかったのは一応“子供番組”ってのを考慮した上での事でしょうか?(笑)
いや、榎木が仕切り塀よじ登って“女風呂”を覗き込んだのは、多分名目上は他に人がいないかを確認したって言うんだろうけど、絶対それが本当の目的じゃないはずだ!!
人が居ようが居まいが公然と女風呂を覗くなんて、男のロマンじゃねぇかああーーーー!(←コラコラ・・・)

ホント、営業中でなくてホント残念、マジで残念・・・いや、男風呂には客いらんけど女風呂にはピチピチギャルがわんさか居て欲・・・(←ダメです!、てか“ピチピチギャル”も“わんさか”も死語だろう(^^;)

※オープニング
リュウタロスダンス追加。
増える度に“はじけて”いくから、最初のモモダンスが凄い“フツー”に見える(^^;
けど、やっぱ一番“よー分からん”のはウラの“ジュリアナダンス”なんだけどね(あの“ヤケクソ”な感じが(笑))

※なんだかおもしろそうじゃねぇかぁ~♪
如何にもモモの好きそうなシュチュエーション(笑)ですが、ハナにイマジンと戦う時以外は良太郎に憑かないという約束を持ち出されて阻止されてしまいます・・・(^▽^;

いや、良太郎の身体の負担を考えた上ってのは分かるんですが、一応相手は拳銃持ってる訳だし(この時点じゃまだ玩具って分かってないし)状況考えればここでモモ達の力借りないってのはむしろより危険度なんじゃ・・・
しかも“自分でなんとかして!”・・・って( ̄▽ ̄;

※良ちゃんが・・・人質になっちゃったんですってぇ(^▽^)
尾崎さんの意味不明の百面相にも突っ込みたいところですが、まず愛理姉さんの天然っぷりがクライマックス(^^;

あの状況下で姉さんに電話入れようとする良太郎も大概ですが、それに結構快く応じちゃう榎木さんは実はいい人(笑)
で、弟が“人質”になってるのにその犯人に“わざわざありがとうございます”って言っちゃう愛理姉さんはもはや天下無敵(笑×2)
更に・・・
「差し入れ作らなきゃぁ♪(^▽^)~♥」

・・・・・・・・・・・・

参りました、私が悪うございました、本当に申し訳ありません!

てか、もしかして日々不運に見舞われる良太郎の事だから、強盗の人質になる位は大して騒ぐ程の事じゃないわって感じなんでしょうか?
それはそれで違う意味で凄いです、愛理姉さん(^^;

※なんでこんな大事になってんだ!?
包囲するパトカーと警察、更に報道陣に野次馬が加わって銭湯の前は大騒ぎ。
榎木もここまで騒ぎが拡大するとは思っていなかったらしく焦ってしまう訳ですが、観てる方もなんでこんなに大騒ぎになってるのかイマイチよく解りません(笑)

※頼りになるのは俺だけだよな!
そんなところにホエールイマジン出現。
イマジン相手なら天下御免で良太郎に入れるって事で、“冬眠中”のキンタロに“ナンパ中”のウラをして頼りになるのは自分しかいないと意気揚々と飛び出してくモモの“勝手にしまぁあ~~す!・.・(^O^)・.・”を憎たらしそうに“ギリギリ”してるハナがなんともいい味出してます(笑)
てか、お前らあれからず~っと“どつき夫婦漫才”やってたのか?(^^;

この時、リュウタロスがデンライナー内に居ないのはまた良太郎の奥底に入ってるからだろうけど、ヤツに出て来られると逆に騒ぎが大きくなるから(実際なったし・・・(^^;)モモもハナも敢えて触れなかったってところかな?

※人質なら私がなってあげるから!(`▽´)
それは拳銃持った相手に“目の笑ってない笑顔”でいズンズン詰め寄って威嚇しながら話す言葉じゃないです、ハナさん・・・( ̄▽ ̄iI
更にビビッてる相手を上から睨み付けて
「私じゃ不足だとでも言うの!!?(`Д´)」
そ、それ既に人質の態度じゃないし・・・(^▽^;

ところで、デンライナー停車中は外側の時間は止まるのかしらん?
いや、これまでの描写ではそういうのは無かったと思うし・・・・
まぁいいや、「電王」だし(^^;

※な~~~ん~~~~だぁ~~~~?・・・・お~~~ま~~~~え~~~~?
言いたい事があるなら早く言えぇえ!!(笑)
なんでホエールイマジンがこんなにスローテンポなのかは今のところ意味不明。
きっと意味なんてなんだろうな、多分(^^;

※化ける・・・・泣けるぅ!?
ホエールイマジンの“ば~~け~~る~~?”を“泣ける”にほぼ強引に脳内変換したキンタロスが例によってモモを追い出し・・・って、以下省略(笑)

最近良太郎の不運が移ったんじゃないかって位ツキに見放されてるモモタロス、今週はコケるわモップ踏んで自爆するわ、久しぶりに暴れられるかと思ったら結局キンタに追い出されてブッ飛んでクリームまみれになるわで、散々な目に遭っとります(笑)

※流れ流れてブラリ旅~♪、一期一会のめぐりあい~~♪
「Double-Action Ax form」はバリバリ演歌!・・・・って(^▽^;
この歌に乗りながら“四股踏み”ポーズでアックス電王に変身するK良太郎、そしてバトル・・・どこまでクライマックスさせりゃ気が済むんだ、石田秀範!(笑)

※俺の強さにお前が逃げた
あ、ごっつぁんです!・・・・って、逃がすなよ!(^^;

※一難去って・・・
ノコノコ舞い戻ってきちゃう良太郎、らしいと言えば言えばらしいんですが、その結果というかとばっちり(?)と言うか、縛られたままにも拘らず隙を見せた榎木を“蹴り”2連発でやっつけちゃうハナ・・・
“そんなにやんなくたって”と、良太郎に突っ込まれて“いつのもクセで・・・”って、まぁそりゃ毎度モモ達と鮮烈なバトルを繰り広げてる(笑)から、人間のニセ強盗なんて屁でもないのか(^^;
ま、気の毒なのは榎木さんと、結局こっちの“獲物”も横取りされちゃったモモって事ですか?(笑)

これでこっちは解決かと思いきや、今度は袴田さんが拳銃を奪って篭城続行。
実はこの人も警察に追われる身って事で、ここからこの回の本題になる訳ですが、この時点でもう放送時間2/3位消費してて、しかもなんかもう1時間くらいやってる様に感じる位の密度だった気がするんですが・・・( ̄▽ ̄;

袴田が拳銃向けた時、ハナがサッと良太郎の前に出て庇ってるんですが、やっぱこれって主人公とヒロインの絵ヅラとしては完全に逆転してますよねぇ(笑)

※ウチの良太郎がお邪魔・・・あ、良ちゃ~んヾ(^▽^)~♪
あの大騒ぎの中、本当にどこからどうやって入ってきたのか、愛理姉さんが“差し入れ”持って現場に乱入・・・って、しかも呑気に挨拶してるし(笑)

ま、浴場の管理口から入ってきたところを見ると、案外裏の方はガラ空きなのかも知れませんが、だったらそこからサッサと外に出れるだろうに、なんでだれも気付かないと言うか、突っ込まないんだ!(^^;

※突入は・・・中止!
警官突入の姿勢に、愛理姉さんを巻き込まない為に・・・・って、もう巻き込まれてると言うか、姉さんの方から首突っ込んできちゃってるんですが(^^;

どちらにせよ、今警官隊に突入されたんじゃ話が更にややこしくなるので、それを止める為にウラタロスの力を借りる良太郎。
ここでもまたその意気込みが却下され、沈んでいくモモタロス・・・(^^;

まぁウラタロスの口車お陰で、ゴシップを恐れた“デカ長”(自分で“デカ長だ!”って言うか!?(笑))は突入中止を決める訳ですが、ウラはなんで“デカ長”と“マユミちゃん”の援交デートの件を知っていたんでしょう?
つまり・・・ウラも良太郎の知らない間にその“まゆみちゃん”と“よろしく”やっていたって事ですか!?(大人なんてみんな不潔だぁあーー(笑))

※つい勢いで・・・
袴田は警察に追われているという事実はあるものの、最初から篭城するつもりなんかなかったし、榎木も強盗に入ろうとは計画してたもの、警察の姿を見ただけでビビッたのが切っ掛けで、なんやかやで殆ど場当たりのなりゆきで篭城騒ぎにまで騒ぎが大きくなっちゃった事が判明。
結局、実質上起きた事件と言えば良太郎の自転車が盗まれた事位という、まぁ読めてはいたけどやっぱり壮絶なオチだった訳で(笑)
拳銃もやっぱりオモチャだった訳ですが、“定価1,000円”が“セール税込み940円”程度のオモチャだったら、多分“見ただけ”でオモチャって分かるシロモノだと思います!(手に持ってんだから尚更・・・(^^;)

しかし、そんな騒ぎの中で何の動揺も見せずにニコニコとあくまでマイペースでリンゴ切ってる愛理姉はどういう神経構造なんだか(笑)
ちゅうか、包丁の動かし方が微妙に“危なっかしく”見えるのは気のせいでしょうか?(^^;

※星は晴れた時だけ見えるんです
袴田が警察に追われてる理由は、前に居た工場で起きた会社の金の窃盗の疑いをかけられたからだそうですが、どうやらそれは社長の思い違いらしい。
ウ~~~ム、警察に追われてる位なんだからそれなりの証拠や裏付けはされてるんでしょうが、実はそれすらもただの勘違いだったとしたら、むしろここで篭城続けるよりは出て行ってちゃんと潔白を訴えた方が得策だと思うんですが、そうしちゃうとここで話が終わっちゃいますか・・・(^^;

てか、その“篭城続行の奨め”(?)を愛理姉さんに言わせちゃう辺りがなんか強引な気がして、その変な強引ぶりは・・・やっぱ“米村脚本”だなぁと・・・ちょっと思っちゃう(苦笑)
まぁ、今回の雰囲気には合ってるからいいですけどね(^^;

※そのコーヒーはいらないかも・・・
再び出現したホエールイマジンを追うため、再びウラタロス登場。
なんか珍しくウラがやる気になってますが、イマイチここでウラの出番に意味が分からんのですが、細かいシーンとかカットとかが切られたかな?(いい加減モモが黙ってなさそうだし(笑))

良太郎が出ていくのを誤魔化すため、愛理姉さんにコーヒーを所望するハナですが、袴田が“お湯だけはたっぷりある”って示したのは浴場の方向・・・って、スンマセン、それで煎れたコーヒーは嫌です(^^;

※こういう場所での釣りは趣味じゃない・・・
ウラですら辛気くさがる程のスローペースのホエールイマジンですが、その遅い動きで攻撃のタイミングをはぐらかしたり、強力な水流攻撃で足留めしたりと、なにげに強かったり。
すっかり調子を乱されて逃げられちゃうウラ電王ですが、水の中なら正に出番・・・の筈が、足元の投棄ゴミに気分を害して戦闘放棄・・・って、コイツと言いキンタロと言い、どいつもこいつも・・・・(^^;

※お前邪魔、消してもいい?
ホエールイマジンに襲われたのが、みな袴田の元同僚だったことからその会社を調べる事にした良太郎はそこでその社長がホエールイマジンの契約者だった事を知る訳ですが、そこで突如リュウタロスが憑依。
あろう事かイマジンより先にその社長を消しにかかるという、とんでんもない行為に・・・

モモタロスにまで“なに考えてんだ!”って突っ込まれるようなこの暴挙、その思考が読めないだけに本当に危険窮まりないヤツです、リュウタロス(^^;

契約者を守りに出てきたホエールイマジンを追い払い、尚も生身の社長を銃撃しまくるリュウ電王、その真意は!?

てところで、次回。

※スーパーヒーロータイム
モモ、ウラ、キンタロと良太郎の4人漫才。
嘘だ・・・絶対嘘だ!!(笑)

仮面ライダー電王 ライダーイマジンシリーズ 02 ウラタロスイマジン
仮面ライダー電王 ライダーイマジンシリーズ 02 ウラタロスイマジン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック