責任.2

以前、当ブログ内にWinnyの開発者に出された求刑の話を元に、大人の責任の取り方ってどう言う事かについて語ってみた事がありました。

コチラ

アレを書いた当時も、自社の製品のエレベーター事故に対するシンドラー社の対応や、最近ではパロマの給湯器の事故に対する会社側の態度に対する怒りが世間を賑わし、実際私も憤りを感じていました。
特にパロマに対しては、同様の事故を起こしたファンヒーターに対して、社運を賭けて行った謝罪や回収作業を行ったナショナルと比べてみても、“責任を取る”とは如何なる事かを改めて考えさせられたものです。

さて、先の記事の中で私はこの話、“全く別ジャンルで絡めてみたい事があった”と書いています。
シンドラー社やパロマも勿論そうなんですが、私が絡めたかったのは実コチラの話だったんです。

銃刀法改正について

銃刀法云々なんて言うと何だか仰々しくて物騒ですが、つまりはエアーガンやガスガンにおける基準が厳しくなったって事なのは、リンク先を見ていただければお分かりいただけるかと思います。
以前からちょこちょこと語ってますが私は鉄砲好き人間でもあり、実際ガスガンやモデルガンも結構な数を所有していますが、今回のこの改正は喜ばしい事だと思ってるし、業界としてもむしろ歓迎しています。
なんで規制が厳しくなるのに業界が歓迎してるのかって思われるでしょうが、実はそこがポイントでもあるんです。

この改正の直接の引き金になったのは、今年の初め頃に実銃にも迫る威力を持つ程にまで不正改造されたガスガンによる発砲事件が頻発した事で、ニュースや新聞でも一時期大きく取り上げられたのでご記憶の方もおられるでしょう。
この事件の背景にはインターネットによる改造法の紹介やパ-ツ販売なんかが絡んでる辺りも見逃せないんですが、それを言い出すと話がこんがらがるので取り敢えず横に置くとし、この一連の事件に使われた改造ガスガンの元となった製品が、とある一社の物に集中していた事、ここが重要なんです。

モノがモノであるが故、実際この事件以前にもエアガン、ガスガンによる乱射事件や犯罪は宿命的と言っていい程存在したし、その時々に規制が強化されたり、世間からの白い目に堪えながら、それでも一部のマナー無い人間によって繰り返される同様事件に一番頭を傷めていたのは他でも無いマニアやメーカーであり、業界そのもの。
だからこそ業界は各メーカーが集ってASGKと言う協会を作り、必要以上のパワーを持たない、不要な改造や不正な改造やパーツの装着で、銃そのものが故障する様に敢て複雑な構造にする等の対策をとってきましたし、サバイバルゲームや競技会等での決められた場所とルール内のみ、または個人でのコレクション以外での使用をしない様に呼び掛ける事にも勤めていました。

ただここで問題になるのは、この協会はあくまでもメーカー同士が横の繋がりで作った物であり、公的な物では無い事。
故にここでの取決めも、あくまで協会内で取り決めた“自主規制”であり、法的な強制力も無ければ罰則が課せられるものでも無かった事なんですね。

さて、問題の製品の製造メーカーですが、このメーカーは実はこのASGKには加入していませんでした。
先に書いた様に、あくまでメーカー同士が自主的に作った協会である為、加入自体が義務付けられる物では無い為、加入しないからと言ってASGK側からそれを強制したり、法的な処置をとる事も出来ない訳です。
そしてこのメーカーは、ノーマルの状態でも業界内の自主規制を大きく越えたパワーを持ち、更に報道された様な危険極まりない威力を持つ物に改造するパーツを容易に組み込める構造を持った製品を造り続けてた訳です。

マニアとかファンの視線で考えれば、それがイケナイと分かっていても、ついそう言った商品に目が行ったり手が行ったりする気持自体は私も正直分からなくはありませんが、それが意味する物を考えればそれを抑えるのが“理性”と言うもの。
それでも、その“一線”を越えてしまう人間も出てくるのもある意味仕方のない事とも言え、それが分かった上でそう言う商品を売っていたメーカーやショップはもはや“確信犯”と言わざるを得ません。
しかし、この事件が騒がれた時にこの当該メーカーの社長の言った言葉は概ね以下の様な内容でした。

“ウチの商品が犯罪に使われたとしたもそれを起こしたのは人間であり、ウチの商品が悪い訳ではない。
ウチの品物が売れているのはそれだけ優れた製品であるからであり、その事で私が犯罪を犯した様な言われ方はむしろ迷惑である”


さて、ここまで来れば何故私がこの件をWinnyの件と絡めたかったか御理解願えると思えますが、この社長の言い分ってあのWinnyの開発者の言い分とソックリなんですよね。
一見筋が通ってる様に見えても、実は単なる理論のすり替えと責任転化でしかない。
結論として、あくまで自分を正当化してちゃんとした社会的責任をとる気持は更々無いのがこの言葉からありありと伺えます。

しかし、残念な事にこの事件の場合は確かに裁かれるのは実際に事件を起こした人間や、不正改造用のパーツを売った者達で、実際にこの社長自身やメーカーを法的に裁く所までは行かない様で、この事件に使われた商品はショップやマニア達の間で不売、不買の気運は高まったものの、今でもネットショップやオークション等で平然と売られているのが現状です。

だからこそ、今回の法改正で規制が厳しくなる事、売買したり所持したりする商品の威力の基準を法的にハッキリさせる事は、何かが起きた時に責任の所在を特定する事にも繋がるし、悪質なメーカーに対する抑制にもなる為、今まで“自主規制”に頼らざるを得なかった業界にとっても喜ばしい事になる訳です。

スイマセン、関心の高い事柄な為にちょっと長々と書いてしまいました(^^;

Winnyの開発者にしても、このガスガンのメーカーにしても、またシンドラー社やパロマにしてもそうですが、今の日本や日本人って総体的にこういう責任の所在や、責任のとり方ってのが余りにも曖昧でいい加減になってる様な気がします。
何よりも、もし何かがあった時に酷い場合は被害を被った方が“自己責任”を課せられたりする事があるのはどうにも納得がいきませんが、こう言った風潮には“インターネット”のマイナス面の影響もある気がしているのは私の考え過ぎでしょうか?

なんか、妙に堅苦しい話を延々と書いてきちゃいましたが、こういう事をこう言うニュースや時事を通して考える事で、自分自身も含めて見つめ直してみるのも大切かなと思い、記しておきたいと思いましたので・・・・

"責任.2" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント