泥棒は入る方が悪に決まってる

ちょっと、絶句してしまったニュースをひとつ。

いじめ調査:やる方が「悪い」は半数以下 希薄な罪の意識

私は上っ面な綺麗事は好まないし、“いじめられる方にも否はある”と言う理念にも一理あると思ってます。
どれだけ机上の理念を展開しようとも世の中からいじめは無くならないと思うし、それは子供社会だけでなくとも大人社会でも、どこへ行っても、何をやっても、必ずある事です(むしろ、大人社会でのいじめの方が遥かにシャレにならんでしょう)
現に私もこれまで“何回も”やられてきた事です。

しかし、その上で・・・ちゅうかそうであるからこそ声を大にして言わせていただきます。

どれだけ屁理屈コイたって、いじめる方が1万%悪いぞ!

泥棒がよく言う、入られるのはその家の用心が悪いからって言う理屈と同じで、確かに一見一理あるように思えても、やっぱり泥棒に入るヤツの方が絶対に悪い。
そんな、単純な理屈なんですよ。

実際にいじめに遭ってる人間には、希望を持てとか強く生きろなんて言葉は多分通じませんし、それこそただの綺麗事です。
だから、一言最後に・・・

せめて、生きろ!

"泥棒は入る方が悪に決まってる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント