メビウス.36話

ウルトラマンメビウス
第36話「ミライの妹」脚本:赤星政尚 監督:村石宏實

サブタイトルと予告編の断片的な映像で、ドタダバタのギャグ編か或いはこの前の「ボウケンジャー」の猫女子高生みたいな“萌え話”だろうと勝手にタカ括ってたら、意外にシリアスな要素含んでたんでちょっとビックリした回でした。

そう言えば先日地上波で放送が始まった「生物彗星WoO」も、萌え系特撮と思わせておいて中味はえらいハードな展開だったりして、この辺の“侮れなさ”が円谷作品のカラーなのかも知れませんね。

>アングロス
ま、モグラみたいな怪獣な訳ですが、鼻先の“削岩機”みたいな角が“ピストン運動”しながら“掘って行く”怪獣を女子中学生が操ると言うシュチュエーションに、物凄~~く遠回しにではあっても少しエロいものを感じたおぢさんは人間失格です・・・orz

>ミライの妹ちゃんだからカコちゃん
未来の妹で過去・・・って、“ウルトラマンヒカリ”と言いこれと言い、ホントにリュウさんはネーミングのセンスが良いんだか悪いんだか(^^;

ミライ君がアバンでカコちゃんを助けるシーンからこの食堂のシーン辺りまでの空気は、後の歓迎会のシーン共々GUYSの面々の対応のコミカルな演出も相俟って、最初に書いた様にこのテの話では定番とも言えるドタバタギャグか萌え女子中生話みたいな感じのノリなんですよね。
それが実はかなりヘビーなものを内包してるのが判るのが次のトリーピーの一言からなんですが・・・

>宇宙人なんて居なくなってしまえばいいのだ!
なんとも心無いトリピーの言葉!・・・なんですが、これが実は地球人の一般視線の正直な気持。
GUYSのみんながカコちゃんに優しいのは、ミライ君を介してる事や、これまで実戦で幾多の宇宙人と触れ合ってきた経験故の部分が大きい訳ですよ。

そういう意味ではトリピーはそう言った現場からは切り離されたところにいて、ある種一般の人間と同じ視点にいる人なんですよね。
今回は随分悪役チックに描かれてますが、トリピー自身は決して悪い人じゃないし、むしろ愛すべきダメ上司ってポジションなのは「メビウス」をずっと観てきた人なら分かる筈。
ちゅうか、トリピーはトリピーなりに地球の平和やGUYSの仕事を考えた上での言動や行動だったりもするんですよね。
まぁ、だからって女子中学生に縄縛プレイを強要するのは鬼畜もいいところだが(←ちゃうちゃう!(^^;)

トリピーが一般人の視点の代表であるなら、アレはその一般人の本心の代表でもあり、同時にそう言った偏見を持つ人間がイコール悪人なのではないと言う事も示唆している。
そこに今回の・・・と言うよりもミライ君の正体バレ以降に特に目立ってきたこの作品のテーマらしきものを重ねてみると、かなり奥が深い事に気づきます。

やるな、トリピー!(笑)

>サイコキノ星人は悪戯好き
トリピーをいじめたり南極らしき場所に飛ばしたりする程度ならまだいいとしても(←ダメだって!(^^;)それが原因で母性を滅ぼしたり、惑星間の戦争を悪化させたり他人の惑星に雪崩をおこしたり・・・って、それはとても“悪戯”で済まされるレベルじゃない・・・ちゅうか、バルダック星の雪崩とかミステラー星の戦争の元凶がもしコイツらだったとしたら相当にシャレにならん凶悪宇宙人じゃないか!(^^;

そんな空恐ろしい事を野望や私欲とかではなく、どうやら本当に“悪戯感覚”でやっているらしかったり、その心の底に純粋であるが故の恐ろしいまでの淀みや闇が見え隠れするサイコキノ星人達の地球での姿が“子供”・・・それも最も多感で精神的に不安定で、社会や大人に無意味に反抗的な時期である思春期の中学生って辺りに制作者側の“意図”を感じます。
近頃何かと取沙汰される事の多いあの世代の子供達は、大人にとってはそれこそ宇宙人の様な理解し難い存在として捉えられがちですが、別に最近に限った事ではなくとも子供と言うのは元来ああいう一面は持っているもの。
それに対し大人はどう接するのか、何を伝えればいいのか、そしてそれに対して子供達はどう応えればいいのか・・・なんてのも今回のテーマのひとつなのかなとも感じました。

>兄弟と言う言葉
地球の少年と兄弟になる約束をしたウルトラマン・・・と、これは多分「ウルトラマンA」の北斗と海津ダン少年の事なのかなと思ったんですが、「A」の1話の時点で既に“ウルトラ兄弟”と言う呼び名はあった筈だから、もしかして「帰マン」の郷秀樹と坂田次郎君の事かなとも思ったり・・・この辺の細かい部分は失念してしまってます(申し訳ない(^^;)
いずれにしろ“兄弟”の一言はウルトラマン達に特別な意味を持ち、同時にウィークポイントともなると・・・

つまり“親~の、血を~ひく~、兄弟~より~も~♪”の世界と同じ様な感覚だと・・・・?(^^;

>ミライは優しいな
ミライがカコちゃんを庇おうとするのは単に“兄弟”と言う言葉に絆されただけでなく、サイコキノ星人の背負った不幸を思いやったからでもある訳ですが、だからって“悪戯”と呼ぶにはシャレにならない彼らの行為は放ってはおけない。
普通に考えればトリピーの行動こそ防衛チームとしては実は正しいのだけど、それでは本当の意味でこの事件の解決にはならない。

ミライ君のその優しさや想いと、防衛チームとしての務めを考えた上でのサコミズ隊長の采配や、それを理解した上での双方への思いやりがGUYSのみんなのバーベキューパーティーとか、ミライ君だけでなくみんな優しいよね「メビウス」のキャラクターは(^^)

>コノミちゃんのパジャマ
・・・・・わしも欲しい(殴!!)

>地球人のしてくれた事
トリピーの行為が火を着けるカタチで、アングロスを暴れさせ始めてしまうカコちゃん。
街や人命に実害が及んでしまってはもはや庇い切れない・・・
兄弟と言うキーワードを悪用してミライの心を傷つけても悪びれなかったり、地球人が与えた優しさや温かさよりも、むしろ傷つけ迫害しようとした行為の方が大きく気持を支配してしまう。
カコちゃん始め、サイコキノ星人の心の荒れ様はかなり根が深い様で、この辺りに先に書いた様に彼らが思春期の少年少女の姿をしている意味を感じちゃうんですよね。

>アングロスVSメビウス
カコちゃんがメビウスを金縛りにしちゃうのはさっきトリピーとマルさんに縛られたのが案外良かっ・・・(ブ、ブ~!、いい加減にしろこの変態鬼畜おやぢめ!)

それは兎も角、首までスッポリ砂風呂状態のメビウスはなんか凄ぇマヌケなんですが(^^;

>力の使い方
何故その優れた超能力の別の使い道を考えないのか?
自分達から心を開き、相手の役に立てる努力をすれば向こうも心を開くだろう・・・
その言葉が届いたのかどうかは微妙なれど、少なくともカコちゃんの中で何かが動いたからこそ、メビウスの呪縛を解いて戦いを放棄し、謎の時空波の事を教えて去って行ったのでしょうね。

>優しさを失わないでくれ
御存じの方も多いでしょうが、この言葉は「ウルトラマンA」の最終回でAが残した言葉。
これがくる辺り見るとやっぱ先の地球人の子供と兄弟になる約束したウルトラマンってのはAの事なのかな?
トリピーの持ってた本の表紙のヒッポリト星人だったり、今回は「A」ネタが多いな(^^;

いずれにしろ、この言葉と今回のテーマを絡めてみた辺りは良いです。
どれだけ裏切られようとも信じ続ける優しい心・・・それを失わなければ、いつかは心が通じる時が来るかも知れない。
遠い、果てしない先の事かも知れないけれどね。

>ありがとう・・・か
このお話、カコちゃんが簡単に改心して“いい子”になってめでたしめでたしでは終わらなかった辺りが逆に自分的には好感度高いです。
この流れでそれやっちゃうと却ってウソ臭くなっちゃうし、意外とこういう辺りにはドライなのが円谷作品の良いところでもあります。
確かに、ミライやGUYSの心は完全には伝わらなかったかも知れないけれど、少なくともカコちゃんの中の何かはほんの少しは変化したはず・・・
それを示す言葉が“ありがとう・・・か”の呟きと、ほんの僅かな微笑みなんですね。

安っぽい“回答もどき”などではなく、希望を感じさせる“余韻”を残す、いいラストだったと思います(^^)

雑誌の表紙になりました(笑)

"メビウス.36話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント