06年、年末特撮色々

ブログの引越しやら年末年始のバタバタで感想が書けなかった分の特撮番組、もう薹(とう)も立ってしまったし、正直全部フォロー出来ないので(・・・(^^;)纏めて一言コメント的に綴って行きますね(手抜きでゴメンです)

ウルトラマンメビウス
第37話「父の背中」脚本:谷崎あきら/赤星政尚 監督:アベユーイチ

ウルトラの父登場編。
クリスマス時期に黄金像に変えられるメビウスを助けに降臨するマントを羽織ったウルトラの父ってシュチュエーションは、ウルトラの父登場エピソードの色んな要素が盛り込まれていて、文字通りクリスマス時期のイベント編でしたが、欲を言えばあそこで南夕子さん引き連れて餅でも突いてくれりゃ完璧だったのにね(笑)

話的にはゲストキャラのコウキ君親子とウルトラの父とメビウスとを照らし合わせてる訳ですが、コウキパパのがコウキ君を背負った背中と去ってゆく時のウルトラの父の背中も意味的にはリンクしてるって部分がなにげにニクイ演出でした(^^)
けど、今回はそのコウキ君を演じた小林翼君に全部持って行かれた感じかな?(^^;
少し見ぬ間に大きくなった上に“あの髪型”じゃないから最初は判らなかったけど、彼は北大路欣也版の「子連れ狼」の“大五郎”の子ですね。
将来楽しみな子役ですが、くれぐれも“大五郎の先輩”みたいにはなってはイカンぞと(イヤ、ホントにマジで!(^^;)

轟轟戦隊ボウケンジャー
Task.43「危険な贈物(クリスマスプレゼント)脚本:武上純希 監督:鈴村展弘

「仮面ライダーアギト」の真魚ちゃん役だった“秋山莉奈”ちゃんの“ミニスカサンタ”の可愛さだけでもう全部いいじゃないかって回でした(笑)
ちゅうか、脚本も監督も異常にテンション高い仕事してないか!?(^^;

まぁ不満があるとすれば、子供番組故に最近の莉奈ちゃんの“ウリ”である“美尻”が全く出てこなかった事位か?(殴!)

魔弾戦士リュウケンドー
第51話「黒い夜のクリスマス」脚本:大西信介 監督:原田昌樹
最終回「さらば魔弾戦士!」脚本:武上純希 監督:原田昌樹

大きなクライマックスは50話で決着がついてえうので、残りの2話は主人公達の“卒業編”とでも言う様な内容でした。

第51話では最後の敵としてジャークムーンが復活。
全ての呪縛から放たれ、真の武士として剣二との決着の為に戦い、今度こそ本当に散って行ったジャークムーン。
それを越える事でひとつ大人になる剣二が描かれました。

そして最終回。
剣二だけでなく、不動のオッサンも白波も・・・3人の魔弾戦士が苦楽を共にしてきた相棒である魔弾龍達と別れなければならなくなる。
それは辛い事であっても皆が乗り越えなければならない試練で、それが明日からの新しい人生へのスタートともなる。
魔弾戦士である事を卒業した3人、それは同時にそれを演じた役者達も番組から卒業して行くって事でもあったんですね。

大晦日の日にわざわざ最終回放送ってのもこの番組らしくて良かったですが、この後の枠が続かないってのは少し残念ではあります。
1年間楽しませてくれて、ありがとうさんです!(^^)

"06年、年末特撮色々" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント