侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負」

姫登場以来振られた波乱が、今回増々大盛り上がり!
加速して行くドラマは、多分もう最終回まで止まらない勢いですね。

では、稚拙ながら感想をば(文末に「仮面ライダーW」のプチ感想あり)

>丈瑠VS十蔵.壱回戦
何も無くなってしまった丈瑠は、ただ純粋に十蔵と剣を交える事に自分の存在意義を求めてゆく訳ですが、その命と命のせめぎあいに確かに嘘はないかもしれないけれど、それは戦いそのものに喜びを求めるあまり、真の外道となってしまった十蔵と同じ道を歩む事を意味するんですね。

その辺りは後のシーンで爺が止めに入る辺りでなお明確になるのですが、正義でも人を守るためでもない、ただ戦うために十蔵と斬り合う丈瑠の姿は、ヒーローというよりは修羅に近い。

それにしても2人の戦うシーンは、変身前、変身後共に、双方演技を越えた鬼気迫るものがあり、圧巻です。

しかし殿、御役御免で屋敷を出たのに、しっかりショドウフォンやシンケンマルを持って出てる辺りには、一応突っ込んでおくべきかな?(^^;

>影が居てくれたからこそ
納得がいかない流ノ介達を、全ては自分の責任だからと宥める爺に、またも嫌みたぷっりの暴言&罵詈雑言な丹波さんに、とうとう猿ぐつわ嵌めさせて黙らせちゃう薫姫。
次回予告では“ハリセン”使ってたし、この姫様も丈瑠同様、根はかなりお茶目なのかもしれない(笑)

丈瑠の存在あればこそ、今までの自分の無事や封印の文字習得があった事をちゃんと弁え、感謝もしてる様子な薫姫なればこそ、流ノ介達も反発出来ないんですよね。
後のシーンの千秋の“もっと憎たらしいお姫様なら・・・”ってのは、正に今の4人の心情を表した一言でしょう。

>命を削って生き延びる
封印の文字を収得した本物の志葉家当主の出現に、自らの身に及ぶ命の危険から逃れるため、その命の半分を与えてアヤカシ・オボジロメをパワーアップさせるシタリさん。

生き延びるために命を削るとは、一見本末転倒な理屈みたいにも思えるのですが、生き残るためならなり振り構わなず、手段は選んでられないほど切迫した心情なのでしょう。
良し悪しはともかく、これくらいの命への執着は、ある意味見習うものがあるかもしれない。

そう言や自分は、最近生きる事になり振り構わず必死になってるかなぁと、変なところで反省したり(^^;

>全部嘘やったんやろか・・・
人々を守るために姫と共に戦う事が、自分達に課せられた使命なのが分かるからこそ、なお一層自分たちに嘘をつき通しながら生きてきた丈瑠の心情を思い、断ち切れぬ殿様への想いに苦悩するシンケンジャー達。

こうしてみると、みんなが丈瑠に対して誰一人(自分らを騙してた事に対し)怒りや憎悪を向ける者がいない辺り、如何に彼らがこれまで築いてきた絆が、強くて確かなものだったかというのが分かります。

これが少し前までの“平成ライダー”とかだったら、もっと修羅場的な嫌展開に発展しちゃいそうな気もするんですが、元々戦隊物にはそういうのはそぐわない事を差し引いても、その辺がファンによっては物足りなく感じる人もいるかも知れませんね。

自分達とのこれまでの事は全部嘘やったんやろかと呟くことはの言葉に、そう思えば悩まなくて済むという流ノ介ですが、それ自体が自分を無理矢理納得させるための嘘なのは、ラストシーンの絶叫が物語ってます。

>がんばれ源ちゃん
なにげに今回一番奮闘してるのが源太。
1人で丈瑠を探し回り、ダイゴヨウに引っ張られてたとは言え、どうやったら“あんなカッコウ”になるんだか分からん姿になりながら(笑)、街で暴れるオボジロメに遭遇すれば孤立奮闘で挑んでゆく。

今回、一番シンケンジャーとしての役割をまっとうに果たしてたのは他ならない源ちゃんだったかも知れません。

>もっと憎たらしいお姫様なら簡単だったのにな
シタリさんの命を半分もらってパワーアップしたオボジロメは、源ちゃん1人では手に負えず、ピンチの時に姫と共にシンケンジャー参上。

姫と共にそつなく戦いを進めてゆく姿に、疑問をぶつける源ちゃんに対する千秋の言葉が先にも触れたこれな訳ですが、それでもあの“何も無くなった”丈瑠の姿を見てる源ちゃんは、より納得がいかない模様。
この辺り、源ちゃんと姫との関係は次回描かれるようなので、そこは注目。

しかしこの“もっと憎たらしいお姫様”云々、案外そういうキャラに設定しとけばもっと簡単に脚本も書けたのになという、靖子にゃん本人のホンネだったりして(^^;

>爺の懺悔
修羅の如く戦う丈瑠を止めるために、十蔵との間に割って入った爺。
予告ではフラグ立ってたんでヒヤヒヤしてたけど、死ななくて良かった(^^)

影武者であるからこそ、より一層丈瑠を志葉家当主に相応しい人間に育て上げてきた爺。
それは使命を果たすためだけでなく、今は亡き丈瑠の父との約束を果たすためでもあり、実際丈瑠はそれに応え、本物以上に当主として、侍として、立派に成長した。

しかし、結果的にそれが丈瑠だけでなく、流ノ介達までも苦しめる事になってしまった事に、ひたすら懺悔する爺。
自分が正しいと信じてやってきた事が、結果的に周りを苦しめる事になるのは誰でも辛いけど、でもそれは実はその人の責任とは言い切れませんよね。

前回は丈瑠の土下座が流ノ介達に辛い思いをさせたけど、今回は爺の懺悔が丈瑠に辛い思いをさせているようです。

>三の目
シタリさんの命半分々の力は、単にパワーアップだけでなく、二の目の次の更なる“三の目”の出現だったんですな。
なんだかイマジンのイメージ暴走形態みたいですが、見かけ倒しというか、アッサリ倒されてしまって、オボジロメよりもむしろシタリさんの方が不憫だ(^^;

このシーン、予想外の局面に、間髪なく流ノ介が姫に助言してる事に注目。
侍として外道衆から人々を守る使命に、もっとも実直な流ノ介なればこそのなんでしょうが、それ故にラストシーンがより切なく感じるんですよね。

>嘘だけではない筈
源ちゃんから丈瑠が空っぽになってしまってる事、爺から十蔵との修羅の戦いを続けている事を聞かされ、思わず飛び出して行こうとする千秋達。

しかし、侍としての使命に捕われる流ノ介は腰を上げようとしない訳ですが、それはある意味“殿の願い”に忠実であろうとするが故とも思えます。
多分、そんな流ノ介の気持ちを察したのだろう茉子が、そっと肩に手を置いてから駆け出す姿は、私が今回一番グッときたシーンです。

それは、丈瑠と十蔵の戦いに被る、爺の“これまで築いてきた事は嘘だけではない筈”という、悲痛な声を証明しています。

>丈瑠VS十蔵.弐回戦
まさか馬上決戦までやってしまうとは、正直驚きました(^^;
放送終了間際で、オモチャの販促キャンペーンにもあまり時間を割かなくてよくなったからか、アクションにやたら気合いが入っていますねぇ~♪

しかし、敢えて突っ込む!

その馬どこから出した!!(^^;

>殿ーーーーーー!!!
使命と思いの狭間で揺れ動く流ノ介の心情を表す、押し殺していた感情が爆発するかのようなこの絶叫は、もの凄く切なくて胸を締め付けられます。

流ノ介役の相葉弘樹君、まさに会心の演技です!

いったい、ドラマはどこに向かって流れてゆくのでしょう?

さて、次回。
いかん、姫のハリセンしか浮かんでこない(^^;

※仮面ライダーW
まさか婿殿がマジ退場するとは思わなかった!
これまでの平成仮面ライダーなら、概ねあのタイプのキャラは最終回まで生き延びちゃうのが通例だったのですが、あの容赦のなさは長谷川圭一脚本もさる事ながら、塚田P的な匂いも感じますね。

事件の内容が、若年層に拡がる麻薬汚染をイメージさせるものだったり、こういう社会派な一面を垣間見せる辺りも、塚田P的。
そこらが「W」をこれまでの平成仮面ライダーと一線を引くところでもあるのでしょう。

さて、次回はいよいよレスキューファイヤー・・・じゃなくて仮面ライダーアクセル登場!
楽しみです(^^)



侍戦隊シンケンジャー VOL.1 [DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
2009-07-21

ユーザレビュー:
現代によみがえる侍魂 ...
侍!娘がオンエアを観 ...
子供が大好き子供が大 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る







"侍戦隊シンケンジャー 第四十六幕「激突大勝負」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント