アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ウルトラマン」のブログ記事

みんなの「ウルトラマン」ブログ

タイトル 日 時
超ひとこと感想.10.5.16
超ひとこと感想.10.5.16 今日も時短で行きます(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/16 22:20
ハーリー木村はどうしてるのか?
ハーリー木村はどうしてるのか? 先日からCSのファミリー劇場で始まった「ウルトラマン80」 感想とか書きたいところだけど、他の感想とかも含めてなかなか落ち着いて書けないのが実情(今週放送の第2話と次週の第3話が、「メビウス」の“あの回”と直結するエピソードなので、尚更・・・(^^;) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/10 23:55
これはいい話
昨日はちょっと辛いニュースを取り上げましたが、今日はおめでたいニュースをひとつ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/08 22:12
何故に・・・
ゴールデンウィーク明け早々、ちょっとショッキングな訃報が入ってきてしまいました(私ら特ヲタにとっては尚更の事・・・) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/07 21:49
ウルトラマンメビウス・最終回
ウルトラマンメビウス 第50話(最終回) 最終三部作・III「心からの言葉」脚本:赤星政尚 監督:佐野智樹 とうとう最終回を迎えてしまいました「ウルトラマンメビウス」 色々不満点がなかった訳ではありませんが(ヒルカワはどうしたんだ、とか(^^;)ほぼ満足のいく最終回だったと思います。 総論めいた事とか、この作品に対する思いに想いとか、色々と頭に浮かんではいるんですが、それを上手く文章に纏める自信がありません・・・(^^; ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/05 23:33
ウルトラマンメビウス・第49話
ウルトラマンメビウス 第49話 最終三部作・II「絶望の暗雲」脚本:赤星政尚 監督:佐野智樹 ラスト1話前! 戦う力を失ったヒーロー、全ての武器を破壊され尽される防衛組織。 そんなピンチに、かつては熾烈な戦いを繰り広げながらも、そこに通じ合うものを持つ事が出来たライバル達が、仲間達が、救援に駆け付けてくる。 しかし、最後の敵のあまりに強大な力の前に、次々と倒されてゆく仲間達、そして主人公の最も信頼する人物までもが・・・!? 全ての打つ手を封じられ、絶体絶命の危機を迎えたヒーローと仲間... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/29 22:23
ウルトラマンメビウス・第48話
ウルトラマンメビウス 第48話 最終三部作・I「皇帝の降臨」脚本:長谷川圭一 監督:アベユーイチ 表題通り、完結編突入です。 後半の展開は個人的にはちょっとビミョーと言うか、急ぎ過ぎな気はしなくもないのですが、“ウルトラマンというブランド”・・・特に平成ウルトラ以降一貫して描かれてきたテーマを昇華、完結させるにはあれが最良なのだろうと思えば納得出来ます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/22 22:28
30数年ぶりの氷解
今、CSのファミリー劇場で、深夜1:00から「ウルトラファイト」を、6本纏めて集中放送しております(今夜が最終回) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/15 22:03
ウルトラマンメビウス.第46話
ウルトラマンメビウス 第46話「コノミちゃんがんばる」「不死身のグローザム」脚本:川上英幸 監督:村石宏實 今回はGUYSの男ども全滅の中、女性陣が頑張る話だった訳ですが、特に管理人が「メビウス」の女の子キャラの中で一番好きな“コノミちゃん”が大活躍してくれただけでおぢさんは満足です。 え?、ウルトラセブン登場?・・・そう言えばそんなイベントもあったっけ(えー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/07 21:38
ウルトラマンメビウス・第45話
ウルトラマンメビウス 第45話「デスレムのたくらみ」脚本:太田愛 監督:村石宏實 前回が“神”に近い回だった分、今回はちょっと詰めが甘いかなって部分は確かに感じました。 特に人間の身勝手さとか、それでもやっぱり捨てたもんじゃないって部分は、ヒルカワが“あんな風”だった分、もう少し・・・出来れば数話に分けて、もう少し丁寧に描いてほしかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/01 01:16
電王.4話
仮面ライダー電王 第4話「鬼は外!僕はマジ」脚本:小林靖子 監督:長石多可男 今回は良太郎が“実は骨のあるヤツ”だった事と、モモさんの“ゴメンなさぁ〜い!”と、もうこれに尽きますね!(笑) 他にも“俺の必殺技パート2’(ダッシュ)”とか、オーナーの“感心しませんねぇ”とか、色々細かいみどころやポイントもありました。 今のところこれだけ“楽な気持”で観れる「仮面ライダー」も珍しく、これからもこの“方を張らない”空気を保っていってほしいもんですな(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 15:39
ウルトラマンメビウス.44話
ウルトラマンメビウス 第44話「エースの願い」脚本:長谷川圭一 監督:小原直樹 今回は見所の多い回でしたね! ともすればバラバラになりかねない複数の要素を、30分の枠の中でよく破綻させずに纏めたものです。 やっぱこの辺りは「ウルトラマンネクサス」で、あの“神”の如き最終回を執筆した長谷川圭一氏の底力と言うところかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/21 00:30
ウルトラマンメビウス.43話
ウルトラマンメビウス 第43話「脅威のメビウスキラー」脚本:赤星政尚 監督:小原直樹 終盤に向けて大きく話が流れ出した様な回でした。 劇場版とストーリーがダイレクトに繋がってたりするのは、映画観てない私みたいな人間にはちょっと入り込み辛い部分もあるんですが、DVDの発売時期にコレを持って来る辺りはある意味“東A”さんよりも商売上手かなとも思ったり(笑) ま、それをさておいても、色々な要素が盛り込まれた内容になっていたのは確か。 ホント、最近の「メビウス」はどの回も“濃い”よなぁ(^^;... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/14 22:07
メビウス.42話
ウルトラマンメビウス 第42話「旧友の来訪」脚本:谷崎あきら 監督:佐野智樹 タケナカ最高総議長役(因みにこれは“あの”タケナカさんだぞ!)で佐原健二氏が登場したり、レッドキングとゴモラが登場したりと、第1期ウルトラファンのおぢさん、おばさんは涙がチョチョきれる回だったぞ!!(←って、それじゃ佐原健二とレッドキングが同じ扱いみたいじゃねーか(^^;) ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/08 20:40
ウルトラマンメビウス.41話
ウルトラマンメビウス 第41話「思い出の先生」脚本:川上英幸 監督:佐野智樹 今回は「ウルトラマンメビウス・第41話」ではなく、放送当事様々な“大人の事情”で姿を消してしまった・・・しかし本来「ウルトラマン80」の最大の特色であった筈の“ウルトラマン先生”の物語が、25年以上の時を経て漸く完成した、正に「ウルトラマン80・完結編」と呼ぶに相応しい内容でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/02/01 00:16
メビウス.40話
ウルトラマンメビウス 第40話「ひとりの楽園」脚本:朱川湊人 監督:小中和哉 スンマセン、今週前半ちょっと体調不良だった事と「カブト」の最終回の感想に手間取ったので、「メビウス」「ボウケン」の感想はちょっと簡略バージョンになりますので、御容赦を(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/27 11:48
メビウス.第39話
ウルトラマンメビウス 第39話「無敵のママ」脚本:朱川湊人 監督:小中和哉 良くも悪くも物議の元となった「怪獣使いの遺産」を書いた朱川湊人氏の脚本による今回ですが、下手にあの“問題作”に縛られたあの回より、むしろこの人のカラーが純粋に出たいい感じの仕上がりになってたんじゃないですかね?(いや、この人の作品読んだ事ないんですが・・・(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 21:50
06年、年末特撮色々
ブログの引越しやら年末年始のバタバタで感想が書けなかった分の特撮番組、もう薹(とう)も立ってしまったし、正直全部フォロー出来ないので(・・・(^^;)纏めて一言コメント的に綴って行きますね(手抜きでゴメンです) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/06 23:55
メビウス.36話
ウルトラマンメビウス 第36話「ミライの妹」脚本:赤星政尚 監督:村石宏實 サブタイトルと予告編の断片的な映像で、ドタダバタのギャグ編か或いはこの前の「ボウケンジャー」の猫女子高生みたいな“萌え話”だろうと勝手にタカ括ってたら、意外にシリアスな要素含んでたんでちょっとビックリした回でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/19 23:36
メビウス.35話
ウルトラマンメビウス 第35話「群青の光と影」脚本:小林雄次 監督:村石宏實 タイトルの色がいつもと違うのは今回の内容に合わせてって事で(笑) 基本的なストーリーはヒーロー物としては物凄くオーソドックスと言うか、これでもかって位ベタな“ニセ話”なんですが、昨今のヒーロー物・・・特に平成以降のウルトラのニセ話は割と変化球な物が多かったから、こんだけストレートなのは却って新鮮で面白かったです(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/06 21:13
またひとり、月の船の乗員が・・・
昨日の今日でまたこんな悲しい話題に触れる事になるとは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/01 21:16
月の船に乗って・・・
月の船に乗って・・・ もうね・・・何を書いていいのか、何を語ればいいのか分からないす。 言い換えれば何を書いても語っても、ただ虚無感だけが吹き抜けていくとでも言えばいいのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/30 21:09
メビウス.34話
ウルトラマンメビウス 第34話「故郷のない男」脚本:赤星政尚 監督:小原直樹 タロウに続いてウルトラマンレオが客演、しかも“おゝとりゲン”役で“真夏竜”氏も出演し、新録でレオの声もアテると言う、ファンサービスたっぷりのイベント編でした(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/28 22:20
メビウス.33話
思うところあって今回より「メビウス」の感想を独立させます。 但し、前回の様な“特別な回”を除けばこれまでの感想と同じ形式であまり細々した解析はせず、あくまで「リュウケン」「ボウケン」と分けるだけって感じでいかせていただきます。 理由は簡単、“わし”が疲れるから いや、申し訳ないホント(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/20 23:45
ウルトラマンメビウス・第32話
ウルトラマンメビウス 第32話「怪獣使いの遺産」脚本:朱川湊人 監督:八木毅 あの「怪獣使いと少年」と直結するエピソードとして注目を浴び、放送後も本当に色々な意見が飛び交ってる本回、当ブログも特別に別枠で扱ってみようと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/15 21:23
悩み中・・・
先日放送された「ウルトラマンメビウス・怪獣使いの遺産」は、“あの”「帰って来たウルトラマン・怪獣使いと少年」の続編と言うか、後日談と言う事で放送前から注目を集めてましたが、放送後は思った通りファン側も本当に様々な反応を見せている模様です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/11/12 21:31
土、日特撮.11月1週目
「カブト」がお休みだから今週はゆっくり出来るなぁなんてタカ括ってたらアッと言う間に週末ですよ、ハハハハハハハハ!(←笑い事っちゃねえ!) いやまぁ、内蔵HDD交換後の調整とか、ガス栓が開かないとか、予定外の大掃除とか、ネズミ襲来再びとか、所用ヤボ用が色々重なったんですけどね(^^; てか、どうもまたこのブログ不具合があった模様ですが、なんかメンテの度に不具合起きてません?(頼むからしっかりしてくれBIGLOBE!(^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/10 21:17
土、日特撮.10月最終週
気がつけば10月ももう最終週ですが、今年はこの時期になってもまだ秋らしい気候にならないために実感できません。 と、イキナリ特撮とは無関係な出だしで誤魔化してみる(^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/11/01 21:53
帰ってきたウルトラマン「怪獣使いと少年」A
今回はちょっと番外と言う事で、機会があれば何かのカタチで触れてみたいと思っていたこの作品をお題にチョコッとだけ語ってみたいと思います(本当は語り尽くせないんだけど、故に敢えて簡潔に・・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/05 21:37
帰ってきたウルトラマン「怪獣使いと少年」B
しかし、この回は観る度に違った印象受けますね。ちゅうか、その時々の年齢や自分の置かれてる状況や立場、真理状態によって前に観た時と違う感覚が胸に残る・・・と、言った方が“近い”かな?勿論、それは特に「怪獣使いと少年」に限らずとも、ほぼ全ての物に対して言える事なんですが、この作品は扱っている題材やテーマがアレなだけに、その“感じ方”はより異質だし、深くて重いんですよ。今回の視聴で感じたのは、今の時代に照らし合わせみた時、この頃とは違ったカタチで、より一層深刻な意味合いを持ったモノを語りかけてくる気が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/05 21:36
ウルトラマンマックス「胡蝶の夢」
<FONT COLOR="#dc143c"><B>ウルトラマンマックス「胡蝶の夢」脚本:小林雄次 監督:実相寺昭雄</B></FONT>「ウルトラマンダイナ」以来の実相寺監督メガホンのウルトラです(「ウルQ dark fantasy」は敢えて別扱いとして)なんと言うか・・・・・・・・実相寺やりたい放題!!!(^^;三池監督の回の時のレビューで、ウルトラに新しいセンスが入ってきたとか、実相寺ブランド自体がウルトラのスタンダードになった感があるって趣の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/28 21:02
ウルトラマンマックス「わたしはだあれ?」
ウルトラマンマックス「わたしはだあれ?」脚本:NAKA雅MURA 監督:三池崇史次回放送までに取り敢えず書き留めておきましょう。前回の感動編とは打って変わったスラップスティックギャグ巨編(?)だった訳ですが・・・三池、やりすぎ!!!!(笑)まぁ何と言うか、多分こちらの方が三池監督の本領だと思うんですが、それこそ平成ライダーの井上脚本&石田監督の回を遥かに凌駕する壮絶窮まりない悪ノリぶりには、前回とは別の意味で画面の前から動けない状態になってしまいました(笑)てか、どこから何をどう突っ込んでいいか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/20 21:55
ウルトラマンマックス「第三番惑星の奇跡」A
ウルトラマンマックス「第三番惑星の奇跡」脚本:NAKA雅MURA 監督:三池崇史この回は是非レビューしなきゃならないなって思ってたんですが、なんやかやで機会を逃してしまった上に、思いの外盛り上がってしまった掲示板のレスに書きたい事は概ね書いてしまいましたんで、改めて何書こうかって正直迷ってます(^^;だもんで、本編の内容とは違った部分で感じた事を少し・・・正直、三池監督が撮るって話し聞いた時はどうなる物かと、実は不安の方が大きかったんですが、フタを開けてみれば正に文字通りの異色作で、恐らくは「ウ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/13 22:46
ウルトラマンマックス「第三番惑星の奇跡」B
しかし、この回は「ウルトラマンマックス」が1話完結だからこそこれだけのインパクトを持っていた、ここまでの異色作となった一面もあるとも言えます。連続物であったり、一貫したバックボーンを持つ作品ではこういうひとつ突き抜けたエピソードって生まれにくいんですよね。だから、ある意味「ネクサス」だったら絶対に生まれ得なかったエピソードとも言え、仮に番外編的に持ってきたとしてもこれ程のインパクトはなかったんじゃないでしょうかね?そう言う視点で見れば、先の実相寺監督が衝撃的だった第一期のウルトラも基本1話完結だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/13 22:45
ウルトラマンマックス 第13話
ウルトラマンマックス 「ゼットンの娘」脚本:上原正三 監督:八木毅久々に書く「マックス」の感想、今回はかの“ゼットン”の登場に、“ウルトラマンゼノン”の登場、マックスの新兵器“マックスギャラクシー”の登場と、非常に盛り沢山のイベント編で、脚本は今や御大と言って良い“上原正三”氏が執筆し、「ネクサス」で30〜31話での叙情的な演出で太田愛さんの切ないまでの脚本を盛り上げた八木毅監督の充実した演出も相俟って、個人的には今までの中ではベストな仕上がりになってたと思います。ちゅうか、今回何がイイって言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/24 21:15
マックス3話
ウルトラマンマックス 「勇士の証明」脚本:川上英幸 監督:村石宏實 ウルトラマンの存在を上層部が懸念し、それに対して主人公が反発するって言うのは「ネクサス」でも見られたし、自分の未熟さから変身出来なくなる(ウルトラマンが力を貸してくれない)って言うのは「帰りマン」なんかでもあった・・・ウルトラのブランドの中では確かに大道なストーリーですが、お話自体がイマイチ翩翻としちゃってるのはやっぱり「ネクサス」や「帰りマン」にあった、いい意味での毒気の様な物が感じられない、言わば気の抜けた炭酸飲料みたいにな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/18 00:10

トップへ | みんなの「ウルトラマン」ブログ

Yasの“裏”日記・ジュネッス ウルトラマンのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる